フォト

リンク♪

無料ブログはココログ

« 130円のダイコン | トップページ | 旧千円札情報? »

2008年11月 3日 (月)

実教出版「日商3級模擬」より

今、「ホテル関係のえらいさん」のレッスンが終わったところです。前回かなりヤバかった「パンパンに膨れたファイル」は、ちゃんと整理されて2冊に分かれていました(笑)。その作業をしてたときに?別冊の解答解説が破れた(T_T)とのことで、まずはセロハンテープで修復。。。

今日は実教出版の模擬問題、2周目に入っていくことにしました。前回までの「1周目」では時間切れでかなり飛ばしながら進めてたので、2周目はもうちょっと網羅出来るといいな♪と思っています。

早速、第1回模擬を。問5→問3→問1→問2→問4の順番で片づけていきました。いつものように、問5の精算表は「当期純利益を出すまで」の省エネモード(?)の満点狙い、問3の試算表は今までだったら「主要8科目+α」で7割狙いでしたが、今日は試験も近いので「タテ計まで入れる」の満点狙いでやってみました。

とにかく!ギリギリ合格狙いでいくなら?

  • 問5「精算表」は必須・・・「修正欄」と「B/S欄」のタテ計はナシで、かつ「満点狙い」で!
  • 問3「試算表」は少なくとも15~16点取る・・・どんな問題でも主要8科目は合わせられるように。
  • 問1「仕訳」は12点必須・・・5問中3問は取らないといくらなんでも・・・(T_T)

これでも60点くらいしかないので、あと問2か問4の少なくともどちらかは出来ないと合格しません。それなら「仕訳満点」を狙ってベンキョーしたほうが即効性はあると思います。手持ちの模擬問題とか過去問題に出てきた「すべての仕訳問題」を「すべて覚える」くらいの根性があれば一夜漬けもアリかもです(-_-)

今日、精算表をやってたときに注意したところは

  • 現金過不足のハナシは「理由がわかった分」だけでなく、残りの金額も始末(?)しないとアカン→「雑益」か「雑損」になる
  • 貸倒引当金の設定は、必ず「受手・売掛をB/S欄に清書してから」計算する
  • 消耗品のハナシは、結局「使った分」が消耗品費(費用)になって、「さらのぶん(未使用)」が消耗品(資産)になるから、精算表上で書いた数字がそうなってるか確かめること

の3点です。あと、細かいところですが、問2の「小口現金出納帳」のところでは必ず”補給のタイミング”を確認しないといけません。2パターンあって

  1. 今週使った金額を、週末のうちに補給するタイプ・・・いつも「キリのいい金額」でスタート
  2. 翌週になってから補給するタイプ・・・中途半端な金額のまま「次週繰越」となる

次週繰越や(翌週になってからの)前週繰越は配点がきやすいところです。それと、この帳面も「貸借合わせる」必要があるので「?」と思った人は解答をよく見て書き方をチェックしてください。「今週使った金額」は、タテからもヨコからも計算して必ずポカミスのないようにしましょうm(_ _)m この段階で間違えると「ほぼ全滅」です(T_T) より念入りにするには?解答用紙に書き込む前に、一度問題文の上で「全部でいくら使ったのか?」を計算してみたら確実です。帳簿記入の前に「36000使った」とわかってから書き始めると余裕も出てきます(^_^)v

問4は、「当座預金がマイナスになるときにどうするか?」ってハナシでした。日付を頼りに「今いくら残ってるか?」を気にしながら書いていき、マイナスになってるときには「次の入金で真っ先に返す」と考えながら記入しないといけません。

ワタシが心配することでもないかもですが、確か「ホテル関係のえらいさん」は毎月10日までにタイムカードの集計(とチェック)をしないとアカンかったように思います。先月も?先々月も?その直前には全然寝てなかったような・・・(-_-)?ってことは、今週はヤバいですね(涙)。ってことは?来週(試験の直前1週間)は毎日シマダ簿記に来ようと思ってるとか(爆)。ベンキョーも、いくら「追い込みをかける」って言っても「寝だめ」「食いだめ」と同じで?限界ってもんがあります(笑)。くれぐれも無理のないように(?)がんばりましょうm(_ _)m

« 130円のダイコン | トップページ | 旧千円札情報? »