フォト

リンク♪

無料ブログはココログ

« 建設業経理士「財務諸表」より | トップページ | 意気投合(^o^) »

2008年11月30日 (日)

現金残高の合わせ方?

今朝のレッスンはMチャンでした。昨日クール便で送ってくれたケーキをいっしょに食べながら「介護問題」など(?)を討論。病人さんも大変だし、介護する方も大変だし、何とか良い方法はないものか(-_-)?などなど。

そんな忙しいMチャンに、会社ではまた”新たな仕事”を任命されたそうです。っていうのが

「新しい部署の小口現金管理」

だそうです。うわ~(-_-) ワタシもそーゆー仕事は苦手です。ここの部署は「釣り銭用の3万円」からスタートして、結構いろいろと現金の出入りが多いらしい。その動きを記録するのと「残高を合わせること」が仕事です。Mチャン曰く「何か上手く出来るコツみたいなのがありますか(T_T)?」とのことで、思い出したのが”ユリチャン@苦節n年銀行員”のお言葉です(笑)。

「現金は、ヒマなときほど合わないんですよ(-_-) 1日1回じゃなくて、必ず複数回の”合わせる時間”を作って、ちょっとずつでも”ここまではOK”っていうのを確認していかないと・・・1日が終わってから合わなかったら”丸一日分”をチェックしないといけなくなるし、それよりも”2時で一回合わせたから、2時以降のハナシやな?”とかがわかったほうが早く合わせられるんですよ(-_-)」

って言ってました。銀行のお金を合わせるのって大変だと思いますが、ユリチャンは

「ゼッタイに合う(-_-)」

って言い切ってました。ステキです♪(*^_^*)

そんなハナシとか、あと「お客さんからお金をもらったときには、必ずお客さんの目の前で数えてみる」とか、昔の諸先輩方から教わったこととかをMチャンといっしょにおさらい。ワタシも大昔に某企業で働いてたときに「特に、銀行の帯がついてる100万円ほど念入りに数えるように」って口酸っぱく言われてました。それと、パラパラとお金がよく動くなら「金種表」もつけて確認したほうがええよ~とかのハナシも。こういうのって、一人でやってるとなかなか間違いに気づかないものなんですよね(-_-)

それでもお金が合わないときに?よく見かける光景は

  • 机の引き出しの中に小さなカンカン(キャンディーの缶とか)があって、その中に「予備の小銭」が入ってる(笑)
  • 一番先輩が「ワタシが出しておくわ」って言って、ホントにお金出してる

ってカンジでしょうか(笑)。ワタシもお勤めしてたときに「ちょうど1万円足りない」っていう日があって、なかなか合わなくてしびれを切らした先輩が

「1万円くらい、ワタシが出しますわ!(-_-)」

と言い放って、財布から1万円を出して机の上に投げると、そのまま怒って帰って行った・・・ということもありました。それを見て「おおーっ(-_-)」っと妙に感心(?)した覚えがあります(笑)。今から思えば?きっとその先輩はその日デートの約束でもあったんでしょう。。。ワタシも、今だったらそうするかもしれません(笑)。

生きていくのも大変です。。。Mチャンも、忙しいけどがんばってくださいm(_ _)m

« 建設業経理士「財務諸表」より | トップページ | 意気投合(^o^) »