フォト

リンク♪

無料ブログはココログ

« 昨日のお買い上げ♪ | トップページ | 債券のデュレーション(-_-)? »

2008年12月25日 (木)

CFP受験対策「金融資産運用設計」より

昨日のぜいたくい~んさんのレッスンでは、ちょっと質問がたまってきたので「模擬ごっこ」はお休みしました。前回いっしょに解いた、H20年第1回「金融資産運用設計」の過去問で、いつくか質問があったのでおさらいしておきます(^o^)/

【問題11】ゆうちょ銀行の貸付利率のハナシです。暗記事項としては?

  • 自動貸付の限度額は「預金残高90%以内、最高300万円まで」
  • 自動貸付の期間は「2年まで」
  • 預金が「定額」だったら+0.25%で、「定期」だったら+0.5%で借りられる♪

ってことです。「定額」にしても「定期」にしても、その”自分の預金”を担保にお金を借りるときには?自分がもらえるときの利率に「+上乗せ」程度の低利率(?)で優遇してもらえるってことです。期間については、2年より長くなるとフツーの(高い)貸付利率に戻るし、もちろん”担保になってる預金”がそれより早く満期になったら?(それで返済する人がほとんど?)とりあえずそこまで!ってことです。

この問題では①「定額」だから+0.25%で、②250万預金してるから90%の225万まで貸付OK③返済日まで2年4ヵ月・・・ってことで決まります(^o^)

【問題23】割引債券の利回りで「√に小さい4があるやつ」が出てきます。これは「ルートの4乗根(よんじょうこん)」で、フツーだったら関数電卓の出番ですが、4乗根の場合は電卓の√を2回押したら出せます(^o^)/フツーの√だったら1回、4乗根だったら「2×2=4」なので2回です。(たぶん、いつも4年か2年で出題されるのか??)割引債券のほうは結局、①「100÷84.9」を計算して②その答に√を2回して③そこから1を引く④%なので100をかける・・・と4.15%が出ます。

【問題24】利付債券の利回りで出てくる公式で「分数の上に分数があるやつ」は、そこだけ先に計算したらええですが、意味は「安く買えたけど、その得した気分(?)は4年分!」ってことです。なので「1年分」に直してから表面利率に足し算します。分母が「取得単価」なのは、利回りというのが「自分がツッコンだ金額に対してリターンがどれだけか?」なので、安く買えたのならそれだけ利回りがいいことになるからです。

あと、【問題25】がお互いの「宿題(?)」になりました。また別記事にてm(_ _)m

« 昨日のお買い上げ♪ | トップページ | 債券のデュレーション(-_-)? »