フォト

リンク♪

無料ブログはココログ

« 「自己株式」って(-_-)? | トップページ | 建設業経理士「原価計算」より »

2008年12月20日 (土)

社債の償還損益をパパッと出す方法?

今朝はkazueさんのレッスンからスタートでした。いつものように建設業経理士1級の、今日は「財務諸表」の過去問25回続きをみっちりやっていきました(^o^)

第4問の(2)で、「社債に係る損益(純額)を計算しなさい」っていうのが出てきました。これって「へっ(-_-)?」と思った人も多いと思います。この問題だったら?期末に社債の買入償還とかもやってたので、計算しないとアカンのは次の3つです。

  1. 買入償還が「損」か「益」か?
  2. 年2.4%の社債利息
  3. @96円で発行してたから、満期までの「償却原価法」の計算

この3つの合計がいくらになるか?を考えていきます。社債のハナシでは「タイムテーブル」←(数直線みたいなやつ)を書いて考えるのがフツーです。x1年10月1日に発行して期間8年なので、1年後はx2年9月末、2年後はx3年9月末、3年後は・・・とタイムテーブルを書いていくと?最後はx9年9月末。そこへ「当期はどこか?」を加えましょう(^o^) x6年4/1-x7年3/31なので、社債の区切りと決算の区切りは「半年ずれてる(-_-)」のがわかります。

1の「償還損益」をカンタンに出すには?「償還時に社債がいくらになってるか?」を計算して、「それをいくらで買った(償還した)のか?」との差額だけです。他の要素は全くカンケーなし。20000千円を@96で発行したからスタートは19200千円。8年後には20000千円になるから「差額800千円=8年」ってことで「+100千円/年」です。タイムテーブルの上に償還日の印をつけたら?発行からちょうど「5.5年」→なので「19200千円+550千円=19750千円」がそのときの社債の金額。それを20000千円で買ってるから「償還損250千円」になります♪

2は、償還したのが期末なので「今年いっぱいは100000千円のまま」です。2.4%をかけ算して、2400千円が社債利息です。

3は、100000千円全体で考えたとき、スタートが@96円なので96000千円→8年後は100000千円なので「4000千円=8年」です。なので「+500千円/年」ずつ社債金額を増やしていってるはずです。解説には”社債発行差金”という科目が出てきてましたが、今は発行時に社債96000千円という仕訳をして、それが8年後に100000千円になるような処理方法に変わったので、仕訳でいうと「(借方)社債利息500/(貸方)社債500」ってことになります。

上記の3つともが「費用発生」だったので、全部足したら

250+2400+500=3150

ってことでした。今回は「期末に一部を買入償還」だったので、1の償還損益以外はフツーに「今年いっぱいは100000千円のままだった」として考えたらいいです。来年からはもちろん社債は80000千円分しかないから

  • 利息・・・80000千円×2.4%=1920千円
  • 償却原価法・・・今までは+500千円/年だったのが、「400千円/年」になる

ってことです。もしも年度の途中で償還してたら「100000千円の頃」と「80000千円になってから」を分けて計算しないといけません。

社債の償還が苦手な人は(-_-)?

  • 仕訳で考えようとする
  • 最初に発行した社債全体のうち、今回償還するのは○○円のうち××円なので・・・と考えようとする

この2点が原因かなと思います。仕訳を聞かれたとしても?まずは償還損益の金額だけを出す!←(上記1を参照)そのためには?とりあえず償還する分だけを考えたらええので「もし、最初からこの金額しか発行してなかったとしたら?」として、1年ごとにいくらずつ足していけばいいのか?(償却原価法)を考えたらラクです。

建設業経理士1級も、「社債の償還」は避けて通れませんのでしっかり復習しておいてくださいm(_ _)m

« 「自己株式」って(-_-)? | トップページ | 建設業経理士「原価計算」より »