フォト

リンク♪

無料ブログはココログ

« 「会計人コース1月号」の続き | トップページ | 正面にきたボレーの仕方 »

2008年12月16日 (火)

【続】「会計人コース1月号」の続き

続きですm(_ _)m P110の例題5「新株予約権」については、この科目は「資産か?負債か?資本か?」と言われれば「資本」ですが←(いずれ株になって?資本になるから)、でもホントは「負債」に近い科目です。ワタシ個人的には(?)3級で出てくる「商品券」に似てると思ってます(笑)。

  • 「商品券」・・・発行側にしてみると?”コレを持ってきた人には商品を渡さないとアカン”という義務
  • 「新株予約権」・・・発行側は”コレ(とお金)を持ってきた人には新株を売ってあげなアカン”という義務

ってカンジです。新株予約権を持ってる人は必ず株を売ってあげなくてはいけません。なので、持ってる人にしてみたら「並ばなくても買える券」という資産(有価証券)です。

「並ばなくても買える券」が、商品券と大きく違うところは?有効期限があるか否か?です。新株予約権には期限があるので「失効」したら価値はゼロです。発行した人は「もう株を売らなくていい」から義務消滅(ラッキー♪)、持ってた人は「損した気分」です。それが「戻入益」とか「消却損」とかいうハナシです。

ストックオプションでも同じく「新株予約権」が出てきます。主に従業員向けのハナシで、「将来、特別価格(安く)で株を買える権利」をボーナス代わり(?)にプレゼントしてあげます。今日の問題(1)だったら「100名×10個×100円=10万円分」の新株予約権を「2年先」までに用意したらええので、1年目としては半分の5万円→2年目には残りの5万円・・・という処理をしてました。(3)だと最初は「95名」と思ってたから「2年先までに95000円」のつもりで、1年目にその半分にあたる47500円の仕訳、2年目には「90名」になってるから「今は90000円でええはず」ということで、足りない分の42500円だけを仕訳してることになります。

難しい言葉がいっぱい出てきますが、言葉そのものよりも「どんなハナシか?」をイメージして考えるようにしてくださいm(_ _)m

次回また質問聞きます(^o^)/

« 「会計人コース1月号」の続き | トップページ | 正面にきたボレーの仕方 »