フォト

リンク♪

無料ブログはココログ

« 再振替仕訳とか | トップページ | お茶入荷(^o^)/ »

2009年1月21日 (水)

継続は力なり(T_T)

今、ヒデチャンの「スパルタ愛のレッスン」が終わったところです(笑)。今日もメチャメチャ疲れました(爆)。あまりに疲れたので

「ふうーっ。疲れた。。。これから”酸素エアチャージャー”でも吸いながらレッスンやらせてもらおっかな(-_-)?」

って言ってみたら、ヒデチャンにも

「ボクも今日は疲れました~(^_^;)」

と言われました(-_-# こらぁ!アンタが疲れてどうすんねん!!今日はゼッタイ、帰りに甘いモノを買って帰ります。ヒデチャンのレッスンで、脳ミソがカスカスになるまでがんばりました。

疲れた「主原因」は、特殊商品売買です(笑)。今日は「問題で与えられてる試算表の”仕入”は何の金額を表すか?」のハナシです。詳しくは別記事にしますが、特殊商品売買の問題では「決算前T/B」の仕入がフツーの仕入なわけないのです。「積送品/仕入」とか「仕入/未着品」とか「試用品/仕入」とか、期中にいろんな仕訳がされています。3級のときみたいに

(借方)仕入/(貸方)買掛金

それだけじゃなく、これ以外にいろんな仕訳が入ってるってことです。「仕入」という科目はあくまで「費用」なので、最終的には「今年の費用になる資格があるもの」だけが損益計算書上に残るはず。それって「ホントに売れた分」だけが最終的な仕入になるってことですが、特殊商品売買をしていると工業簿記と同じで

「いくらのものが、いくらで売れた(^o^)/」

というのがハッキリわかることが多いので、「そのつど法」みたいな仕訳が出てくるのです。一般商品売買だけだったら、普段はそんなこと(いくらのものがいくらで売れたか?など)は考えないから期末に在庫を数えるだけです。いずれにせよ

「今、どこまで売上原価を計算しているか?」

を考えて、最終的には「売れた分の原価」しか今年の費用になる資格はありません。

・・・・。また、ヒデチャンの次回レッスンまでに脳ミソ修復しておきます(笑)。キレられてもめげずにがんばってくださいm(_ _)m

« 再振替仕訳とか | トップページ | お茶入荷(^o^)/ »