フォト

リンク♪

無料ブログはココログ

« 恵方巻きの顛末? | トップページ | 仲良しレッスン(-_-) »

2009年2月 4日 (水)

簿記と人生(^_^;)?

さっき、サヤカチャンといっしょに日商簿記3級の過去問を解いていたら、「仕入を売上原価勘定に振り替える仕訳」というのが出てきました。。。

  • 「簿記のハナシでは、フツーは”○○を××に振り替える”って出てきたら→”昔の名前から新しい名前に改める”ってことやねん(^o^)」
  • 「む、昔の名前は捨てるんですか(^o^)?」
  • 「そっ(^o^)人間と同じで、人生の節目で名前が変わるときもあるねん。」
  • 「・・・・。」←(何か考えてるサヤカチャン)
  • 「そうですね(-_-)そうなれば市役所とかに書類を出して・・・。」
  • 「そそ(^o^)だから、捨てる名前は今までと右左を逆に仕訳したらええねん。」
  • 「”仕入”は何で新しい名前になりたかったんでしょうね(-_-)?」
  • 「うーん(-_-)長い間生きてきて、”意味”が変わったからやと思うけど。」
  • 「”意味”ですか。。。」←(今日は一段とよく考えるサヤカチャン)
  • 「まあ、”仕入”にとっては?単に”買ってきた分”から”ホントに売れた分”っていうふうに意味が変わるねんけど、人間だっていろんなことがあったら”昔の名前”を捨てたくなるときもあるんちゃう(-_-)?」
  • 「そうですよね~。例えば”縁を切りたいとき”とか(^o^)?」
  • 「そうそう(^o^)そのときは市役所に行って・・・(笑)。」

今日、サヤカチャンは「知りませんでした(^o^)」って言ってましたが、実は「簿記は人生の縮図」です(笑)。←(ホンマか?)ワタシ自身も、初めて(高校生の頃)簿記を習ったときに、とっても感動(T_T)したのが

「誤謬(ごびゅう)訂正の仕訳」

です(笑)。これって「間違えた仕訳を正しく直すための仕訳」を考えるハナシですが、聞かれてるのは「正しい仕訳」ではなくて「間違いを直すための仕訳」というところが感動モノ(?)なのです。何て言うか、

「人の心を動かすには、正論ばっかり並べてもアカンってことかぁ(-_-)」

と気づかせてくれた(笑)のがとっても印象に残っています。

今日はアホ話全開(?)でしたが(^_^;)しっかり復習しておいてくださいm(_ _)m

« 恵方巻きの顛末? | トップページ | 仲良しレッスン(-_-) »