フォト

リンク♪

無料ブログはココログ

« 冬の間に(T_T) | トップページ | 第112回銀行業務検定「財務3級」解説?-その1 »

2009年3月 5日 (木)

建設業経理士「財務諸表」追い込み(^_^;)

いよいよ日曜日に迫った建設業経理士試験ですが(^_^;)今日はkazueさんとの「最後の追い込みレッスン」でした。まずは自作の「暗記ネタ」が書いてる紙を見せてもらって、その内容のチェック。理論対策としては?会計公準とか一般原則7つとか、出来れば過去問で出題されたことのあるハナシの「名称だけ」でも覚えておけばええかなと思います。基本的には「第1問の20点がなくても受かる(^_^)v」だけの計算力が必要ですm(_ _)m

今日は「財務諸表」の過去問、第2回を時間計ってやってもらいました。第3問のハナシは?また出るかどうかわかりませんが、第2問は「基本中の基本」です。いざやってみると難しいですが、「減価償却vs似たようなハナシ」←(減損とか特別償却とか)や、「中間財務諸表って?」←(”速報”的な役割か?フツーの決算と同じノリか?)のところはしっかりまとめておいてくださいm(_ _)m

株主資本等変動計算書については、まずはフツーに仕訳が出来るか?です。それが出来るのなら、ハコに埋めていくのは意外とカンタンです(^_^)vこの計算書のしくみは

  • タテ軸・・・「どんな理由で?」
  • ヨコ軸・・・「誰の立場で?」

ってことです。問1だったら①「繰越利益剰余金」の立場で考えると?→”株主配当15000+利準1500+別積1000=17500が減る”ってことなので

  • ヨコ軸の「繰越利益剰余金」を
  • タテ軸の”理由”に合わせて
  • 「減る」のだから△マーク

ってことになります(^o^)/これを「別途積立金」の立場で考えると?→”1000増えた”ので、タテ軸の理由に合わせて+1000を記入します。「利益準備金の積立」は、そういう名前の欄がないことでもわかりますが、「剰余金の配当」←(株配のついでだから)にしないといけません。

精算表の問題で「繰延ヘッジ」とかが出来てきてましたが、もしそれが全く知らないハナシだったとしたら?そういう問題は「最初からなかったものと考える」のが基本です。試験で合格点を取るためには?「何点とるか?」よりも「何点落とさないか?」です。わからないハナシを一か八かで記入すれば→ほぼ当期純利益はアウト!です。ちなみに今日のハナシは、「その他有価証券が下がるのをカバーするために、”金利スワップ”というものを買ってる」ってことです。時価の動きが違うものを組み合わせて→お互いにカバーし合う・・・のが「ヘッジ」ですが、どちらも値動きするのは間違いないので、いつか手放すまで?これらの損得はB/Sで記録するだけにしておいて→今年の損益計算には入れない!ってことをやっています。(なので、このハナシを丸ごと無視しても、当期純利益は出せるはずです)

残された時間は、今まで解いたことのある問題を繰り返し繰り返し練習して、「出来るものは出来る」←(出来ないものは出来ないけど?)っていう状態に持っていくようにしましょう(^o^)最悪なのが「出来るはずが出来なかった」っていうやつです。ど忘れとかポカミスがないように、カンタンなハナシをしっかり練習しておいてくださいm(_ _)m

朗報お待ちしていまーす(^o^)/

« 冬の間に(T_T) | トップページ | 第112回銀行業務検定「財務3級」解説?-その1 »