フォト

リンク♪

無料ブログはココログ

« 4/9(木)数学Ⅱ-入門講座(2) | トップページ | ラジオ講座の活用法? »

2009年4月11日 (土)

第4回建設業経理士「財務分析」部分解説?

今日のkazueさんのレッスンは、前々回の過去問「第4回」の財務分析にチャレンジしてもらいました。結果は1時間強で8割くらい正解(^_^)v欲を言えば?計算問題は全問正解を目指してもらえたらうれぴいです(*^_^*)

【第3問】の手順としては

  1. 自己資本比率が出てたので、189000÷21%=900000で資産合計(ってか総資本)が出る♪
  2. 固定長期適合比率が66%なので、固定資産(建・機・土)の合計270600÷66%=410000が長借と自己資本の合計。ってことで、長借221000が決まり♪
  3. 借入金依存度が30%なので、900000×30%=270000が借入金の合計。長借が221000なので短借は49000。
  4. 完成工事高総利益率が7.25%なので、P/Lにある完成工事高総利益60900÷7.25%=840000が完成工事高。ついでに12で割ると、70000が月間売上高。
  5. 支払勘定回転率が5回なので、840000÷5=支払手形+工事未払金です♪
  6. 現金預金手持月数より、70000×1.1=77000が現金預金。
  7. 棚卸資産滞留月数より、70000×4.85=未成工事支出金です。
  8. 金利負担能力が3.75倍なので、支払利息6000×3.75=営業利益+受取利息です。
  9. 純支払利息は支払利息-受取利息=5850。これが完成工事高の何%か?が「純支払利息比率」です♪

【第4問】は限界利益率が330000÷825000=0.4なので、損益分岐点売上高は固定費の280000÷0.4=700000になります。目標利益が70000なら?これに固定費を足して0.4で割ったら875000。安全余裕率と損益分岐点比率は「足して100%」になります(^_^)vワタシの売上が825000で分岐は700000だったので、「余裕=125000」です。これがワタシの売上の何%か?125000÷825000=15.15%、損益分岐点比率はそのウラ(?)で84.85%です♪

第5問では、Cの「完成工事高キャッシュフロー率」のときの”キャッシュフロー”と、Dの「営業キャッシュフロー対流動負債比率」で出てきた”営業キャッシュフロー”の区別をしっかりしないといけません。前者は「純キャッシュフロー」のことで、当期純利益に法人税等調整額とか引当金とか減価償却とかを+-していくやつです。後者の”営業キャッシュフロー”は、問題文に金額が与えられてました(^o^)

繰り返し、繰り返し、繰り返し、繰り返し・・・練習あるのみです。がんばりましょう(^o^)/

« 4/9(木)数学Ⅱ-入門講座(2) | トップページ | ラジオ講座の活用法? »