フォト

リンク♪

無料ブログはココログ

« 5/7(木)数学Ⅱ-因数定理 | トップページ | 「ワタシの将来設計」(-_-)? »

2009年5月21日 (木)

自然科学vs社会科学(-_-)?

今日、夜のレッスンは久しぶりに「木曜日のお楽しみ」の組み合わせになりました(笑)。入れ替わりの時間にしばらく、チーチャンとぜいたくい~んさんとワタシの3人でしゃべってたのですが、途中から話題は「相対的真実vs絶対的真実」みたいな難しいハナシへ。。。

チーチャンは学生時代に理系のベンキョーをしてた人なので、どうもアタマが「自然科学系」っていうか(-_-)?本人も曰く「社会科学ってとっても難しいです(T_T)」とのこと。詳しくはまた後日書きますが、社会科学(会計とかもそうです)のハナシでよく出てくる単語

「相対的真実」←(ケースバイケースの”真実”があるってカンジです)

について。アタマが自然科学系(理科とか数学とか)だと、どうしても

「絶対的真実」←(世の中に真実は1つ!みたいな)

を追求(?)してしまうみたいです(笑)。それで、「相対的真実」の例として

  • 「隣の家のダンナさんは、世界一男前(^o^)/」

という文章を(爆)。これって「相対的真実」ならアリだと思いますが、きっと「絶対的真実」ではないでしょう(^o^)?隣の家の奥さんが自分のダンナさんのことを本気でそう言ってるのなら?少なくとも奥さんにとっては「真実」です。そんな場面で”社会性”のある人なら「いいわねぇ(^o^)お幸せに♪」ってカンジで流せる(?)のですが、アタマの中で常に「絶対的真実」を追求してしまうタチの人なら?

「アンタのダンナが世界一なわけないやろー!!(-_-#」

とキレてしまうわけです(笑)。社会科学をベンキョーすることは、とっても大切だとワタシは思います(爆)m(_ _)m

そんなわけで、チーチャンの”苦悩レッスン”記事は、またボチボチと書いていきます(笑)。。。

« 5/7(木)数学Ⅱ-因数定理 | トップページ | 「ワタシの将来設計」(-_-)? »