フォト

リンク♪

無料ブログはココログ

« 第122回日商簿記検定2級の解説-その2 | トップページ | CFP直前対策-相続・事業承継設計 »

2009年6月18日 (木)

第113回銀行業務検定「財務3級」解説-その2

6/7(日)実施分の、銀行業務検定「財務3級」解説の続きですm(_ _)m

  • 問31・・・「総合的な収益性=総資本利益率」です(^_^)v与えられたデータで総資本を出すには?「負債+純資産」です。総資本経常利益率を計算すると→前期は310÷5766=0.053で当期は320÷5491=0.058になります。前期5.3%→当期5.8%に上昇しているので「総合的な収益性は向上♪」です。
  • 問32・・・「償却債権取立益」は、いったんボツになったと思ってあきらめたものを集金出来た(^o^)ってこと。なので、前期損益修正(経常的なハナシではない)になります。
  • 問33・・・(1)の売上高経常利益率では、総資本のハナシが全然出てきません(-_-)
  • 問34・・・「売上債権の長期化」は、大ざっぱに言うと「集金が遅れがちになる」ってことです。(2)の受取手形サイトの短縮化は、その逆のハナシになります。
  • 問35・・・当期の予想売上3530は、「Aが70%の2471で、Bが30%の1059」に分かれます。Aの利益率は38%なので2471×38%=938.98、Bは32%なので1059×32%=338.88です。その合計で出せるはず。
  • 問36・・・変動費比率が60%ってことは?限界利益率は40%。ワタシに必要なのは?「固定費500+目標利益600=1100」なので、1100÷40%=2750です。
  • 問37・・・変動費400で売上が2000なので、変動費比率は0.2になります。ってことは?限界利益率は0.8です。固定費900÷0.8=1125が損益分岐点売上高で、ワタシの余裕は2000-1125=875です。875はワタシにとって?875÷2000=0.4375です。
  • 問38・・・設備生産性を分数にすると?「付加価値(分子)/有形固定資産(分母)」で、労働装備率は「有形固定資産(分子)/人数(分母)」です。掛け算したらちょうど「労働生産性」になりますが、この選択肢(3)では「除して」って書いてあったので×です。
  • 問39・・・6500×42.0%=2730が付加価値。このうち「どれだけ人件費で払ってるか?」なので、2350÷2730×100%=86.08・・・%
  • 問40・・・流動比率は610(商品まで)÷550(短借まで)≒110.9%、当座比率は530(売掛まで)÷550≒96.4%です。
  • 問41・・・固定比率や固定長期適合比率は「100円持っていったら、固定資産が買えたか?」です。固定資産が110円とか120円だと買えないので「悪い」し、90円とか80円なら買えるので「良い」です。(3)の増資は「持って行くお金」が増えるイメージなので、”買える可能性”が高くなります。
  • 問42・・・当期の固定資産1037は、当期の減価償却125を「引いた後の数字」です。引く前は1162だったので、前期に比べて202増えてるはず。
  • 問43・・・(4)の経常収支尻は、支出の方が多いので100%切るはず(-_-)分子分母が逆になってるパターンです。
  • 問44・・・162繰越+174売れた-34現金もらった-64回収-85回収+162売れた-26現金もらった-55回収-77回収=今は157です。
  • 問45・・・テキストとか問題集で「資金繰表」をさがしてみてください(^o^)
  • 問46・・・データの中で「固定資産回転期間」は、運転資金には関係ありません。売上債権と棚卸資産は「資産のハナシ」で、仕入債務は「負債のハナシ」です。先に月数を計算すると、17期は「3.1+2.2-1.9=3.4」で、16期は「2.7+1.9-2.0=2.6」です。17期が3.4ヵ月×500=1700で、16期が2.6ヵ月×420=1092となり、増えたのは608です。
  • 問47・・・当期純利益210+減価償却140-配当払った100=250ですが、別の借金を返済してるので250-80=170になります。
  • 問48・・・営利500+受利14+受配17=531を、支利75で割り算したら7.08倍です。
  • 問49・・・420+80+350+130-200-240=540
  • 問50・・・平均月商180のうち70%が手形なので180×70%=126が「集金待ち状態」です。それが3ヵ月続くので126×3ヵ月=378です。そのうち、他行から90は面倒見てもらえるらしいので、ウチ(当行)としては288が限度枠です。

合格するためには「早めの準備」です(-_-) 特に、今回受験した人は「最新の過去問」も手もとにあるし、それより前の問題集はインターネットでも買えるはずです。過去問5回分くらいをカンペキにマスターすれば、「個人賞」も取れるはず(^_^)v「ギリギリ狙いは不合格のもと」なので、しっかり準備してくださいm(_ _)m

« 第122回日商簿記検定2級の解説-その2 | トップページ | CFP直前対策-相続・事業承継設計 »