フォト

リンク♪

無料ブログはココログ

« 2週間ぶりテニスレッスン(-_-) | トップページ | 第113回銀行業務検定「財務3級」解説-その2 »

2009年6月18日 (木)

第122回日商簿記検定2級の解説-その2

先日6/14(日)実施分の、日商簿記検定2級解説の続き(工業簿記)です。

問4・・・「主要材料」でも「部品」でも「消耗品」でも、仕訳で考えるときの科目は「材料」になります。但し「消耗品」(軍手とか粘着テープとかみたいな)については、”どの製品のためにどれだけ使ったか?”をキッチリ把握するほどのものでもないし、”この製品にしか使えない”みたいなものでもありません。なので、消費するときは「製造間接費」の科目で、”みんなで使った共通費”という扱いをします。「主要材料」とか「部品」とかは、消費すれば「仕掛品」扱いがフツーですが、”指図書№=仕掛品”として覚えてもええと思います。指図書№が決まってる=どの製品のためかわかるので、共通費にはならないってことです。

  • 6/2・・・材料2800/買掛2800
  • 6/3・・・材料1300/買掛1300
  • 6/5・・・仕掛品4200/材料4200
  • 6/8・・・材料130/現金130
  • 6/12・・・材料1000/買掛1000
  • 6/15・・・仕掛品800/材料800
  • 6/20・・・材料80/買掛80
  • 6/24・・・材料2670/現金2670
  • 6/25・・・仕掛品3000/材料3000
  • 6/30・・・製造間接費200/材料200

問5・・・原料は始点投入なので、材料のハコと加工費のハコは別々です。

  • 材料のハコ・・・(借方)初400+当月5000と(貸方)完5000+減損200+末200
  • 加工費のハコ・・・(借方)初200+当月(逆算で)5100と(貸方)完5000+減損200+末100

ハコ上の「減損」は上から×印でもつけておくとわかりやすいです。以下、月末仕掛品の計算方法を書いておきますが、完成品原価は「月初+当月-月末」で求めます。

先入先出法のとき

  • 材料・・・当月投入の1200000円×200÷5000=48000円
  • 加工費・・・当月投入の2040000円×100÷5100=40000円

平均法のとき

  • 材料・・・(初106800+当月1200000)×200÷5400=48400円
  • 加工費・・・(初90600+当月20400000)×100÷5300=40200円

となります(^_^)vとりいそぎm(_ _)m

« 2週間ぶりテニスレッスン(-_-) | トップページ | 第113回銀行業務検定「財務3級」解説-その2 »