フォト

リンク♪

無料ブログはココログ

« 第113回銀行業務検定「財務3級」解説-その2 | トップページ | CFP直前対策-リスクと保険 »

2009年6月18日 (木)

CFP直前対策-相続・事業承継設計

今、ぜいたくい~んさんのレッスンが終わったところです。先週に引き続き、今度の日曜日もCFP試験の続きがあるのでがんばって詰め込みまくりました(-_-)

「相続・事業承継設計」の直前対策は、直近の過去問(H20年-第2回)の中から、問題27-50を選んでミニテスト&解説をしました。正解率65%で、過去問としてはかなりビミョーな点数でしたが(笑)、この週末でしっかり復習してくれるものと思いますm(_ _)m

  • 問27・・・(4)の農地法のハナシは、引き渡し日ではなくて(-_-)農地法の「許可もらった日」または「届出日」←(許可でなくて届出でOKのハナシなら)が贈与成立日になります。
  • 問30・・・相続時精算課税とフツーの暦年課税が出てくるハナシ、基礎控除の110万を忘れないように(爆)。
  • 問32・・・セットバックが必要な土地の相続税評価は「全体-セットバック補正分」です。セットバック補正分は”全体におけるセットバック面積割合×70%”で計算します。
  • 問33・・・自分の土地に「都市計画道路」が通る場合の相続税評価額について。ここで使う補正率はセットバックとは違い「全体×補正率」です。
  • 問35・・・T字路に面してるときみたいに、Tの右と左で路線価が違うとき?何メートルずつ面してるか?で加重平均です。
  • 問37・・・地主はPC社で、家主が原さんです。家主の「借地権」を計算するとき、何もなければ「借地権割合」だけですが、そこにアパートとかがあると「住んでる人の権利(借家権)」が存在するので、その分を引いた残りが家主さんの借地権になります。
  • 問40・・・2つ以上の取引上に上場してる株式の評価は、自分で好きな方の取引所(の株価)を選べます。取引所同士で平均はしません!相続のハナシでは「たくさんある候補の中から安いのを選ぶ」という評価になりますが、これが問41みたいに「負担付贈与」だと、(自分で好きな日を選んで贈与してるはずなので)「贈与した日」の株価になります。
  • 問42・・・長女がガイジンさんと結婚して「外国籍」になってるハナシ。この場合は「国内財産のみ課税」です。債務控除があるときは「どの財産から控除するのか?」を考えて、それが国内なら控除出来るし、外国の財産にかかるハナシなら控除は出来ません。
  • 問44・・・相続税の「未成年者控除」とか「障害者控除」とか、その人自身の属性(?)は”納税する国”で考えるハナシです。外国籍なら「その外国で」考えるから、日本では控除ナシです。
  • 問50・・・「土地保有特定会社」とかのハナシで、同族株主以外の株主は?そこの会社が土地保有ナントカ会社になるとか?純資産(帳簿)がどうとか?そんなの知らないはずなので、原則は配当還元方式で評価します。

直前でも、キッチリ詰めると5-6点は違ってくるはず(^o^)今の実力は?たぶん「ちょうどボーダーライン」です(笑)。体調整えつつ、これだけはしっかり復習しておいてくださいm(_ _)m

続き、「リスクと保険」は別記事にてm(_ _)m

« 第113回銀行業務検定「財務3級」解説-その2 | トップページ | CFP直前対策-リスクと保険 »