フォト

リンク♪

無料ブログはココログ

« CFP直前対策-相続・事業承継設計 | トップページ | 千歳JALマラソンの記録証(^_^;) »

2009年6月18日 (木)

CFP直前対策-リスクと保険

CFP直前対策の続きですm(_ _)m直近の過去問(H20-第2回)から、問17-30をピックアップして要点を確認していきました(*^_^*)

  • 問18・・・若いパパが「こども保険」を残して亡くなったハナシ。「こども保険」の相続税評価額は”解約返戻金+年々もらえる金額×評価率”です。この問題だと、40万円×11年間なので評価割合は50%(文中の表参照)。これに解約返戻金60万を足し算です。
  • 問19・・・残された奥さん(と子供)がもらえる年金は?この問題だと「遺族基礎年金」だけでした。60-65歳の寡婦年金は死んだ人が「25年以上納付」でないともらえません。
  • 問20・・・「有期年金」は、年金がもらえる「期間」が決まってて、その期間中は生きてないといけません。期間中に死んでしまったら全ボツです。
  • 問22・・・死亡保険金の非課税枠の計算。とりあえずフツーに人数を決めて(放棄するとか考えない)500万×人数=非課税枠です。それを実際に「相続する人」で按分して各自の課税対象額を計算します。放棄する人が保険金を受け取ると、全額フツーに課税されます。
  • 問23・・・ありがちなハナシで「会社を長男に継がせるから、他の相続人には代償分割を」という問題は?長男が受取人になる保険に入ってあげないと、代償分割のお金が払えません。。。
  • 問24・・・死亡保険金の非課税枠のハナシ。個人名義と法人名義で「別枠」なんてありましぇん!
  • 問25・・・例えば「毎年100万円ずつ10年間贈与」みたいなハナシ(定期贈与)は、これ全体の”1000万の贈与”として税金がかかります。
  • 問28・・・逓増(ていぞう)定期保険も、「定期保険」の一種です。決められた期間までに死なないと?保険金はゼロ円です。期間が終われば(満了日には)解約返戻金もゼロ円です。

定期保険のいろいろ。①フツーの定期保険・・・期間中に死んだら保険金がもらえる。②逓減(ていげん)定期保険・・・期間中に死んだら保険金がもらえるけど、もらえる額は年数が経つほうが少なくなる。子供が小さいときにはたくさんもらえて、子供が大きくなった頃には少なくてもええか(^o^)というサラリーマン向け(?)の保険です。③逓増(ていぞう)定期保険・・・期間中に死んだら保険金がもらえる&年数が経つほうがよりたくさんもらえるようになってる。会社が退職金を用意するために入るための保険。勤続年数に合わせて→もらえる金額が増えないと困るし、月々の保険料はかなり高いけど期間中なら解約もアリ(解約返戻金で退職金を払うのもOK)。もし、死亡退職金(フツーよりも高い)を払うことになっても、期間中なら保険金がたくさんもらえるので安心♪ってことです。

CFP試験はやっぱり「将来は、お金に関する相談を受ける人」になるのだから、”ありがちな相談”が頻出問題になってると思います。(保守的に考えた場合の?)フツーの家族構成で、「典型的パターン」のハナシで(笑)・・・。そう思えば?イレギュラーなケースは出題されないのだから、ある意味ラクなところもあるはず(^o^)当日、もしも?イレギュラーな問題があったとしても、それよりも「フツーの問題」に答えられたら合格する!と思って、もうひとがんばりしてくださいm(_ _)m

« CFP直前対策-相続・事業承継設計 | トップページ | 千歳JALマラソンの記録証(^_^;) »