フォト

リンク♪

無料ブログはココログ

« 揺れる男心(-_-)? | トップページ | 5/28(木)数学Ⅱ-不等式の証明(2) »

2009年6月24日 (水)

個別原価計算の基礎(^o^)

今日からサヤカチャンのレッスンは、シマダ簿記のオリジナル教材「工業簿記の基礎レベル」に入っていきました(^o^)まずは「個別原価計算」のところからスタートです。。。

  • 「あんな(^o^)原価計算って、”1ついくら?”って計算するベンキョーやねん(^o^)」
  • 「うんうん(^o^)」
  • 「作り方によって、”個別”か?”総合”か?どっちかしかないねん(^o^)」
  • 「ふんふん(^o^)」
  • 「1コずつ作ってるときは、材料+人件費+その他=足し算で答が出る♪ねん(^o^)」
  • 「ほうほう(^o^)」
  • 「大量生産やったら(^o^)?最後に割り算しなアカンねん。たくさん作ってるから(^o^)」
  • 「そうですね(^o^)」
  • 「じゃあ、今日は”1コずつ”の個別原価計算ってことで(^o^)」
  • 「はーい(^o^)がんばりまーす♪」

個別原価計算の、最大の論点は?「共通費のワリカン=製造間接費の配賦」です。1コずつ作ってるから「足し算」で原価は計算出来ますが、みんなで使った共通費みたいなものはワリカンしないといけません。製品の原価を計算するには?材料+人件費以外にも、共通費のワリカン分も含めることに注意します(^o^)

個別原価計算をベンキョーしてると、指図書(さしずしょ)というのが出てきます。作ってるモノのオーダー番号と言うか「受注番号」みたいなものですが、何番のために使ったのか?わかるハナシは「仕掛品(=製造)」という科目で仕訳します。みんなで使った共通費は、ワリカンするまでの間は「製造間接費」という科目で仕訳しておきます。今後、作ってるモノが途中で失敗したりしたときに「枝番」が出てきたりもしますが、例えば?#101がちょこっと失敗して→それを直すために#101-1が出てきたりして(-_-)→最終的には両方とも#101の方に金額が集計されていく・・・とか、そのへんからガゼン難しくなっていきます。

今、覚えておくと便利なのは

  • 指図書№が出てくるハナシ・・・「仕掛品または製造」として仕訳する
  • 指図書№が書いてない・・・「製造間接費」として仕訳する

ってことです。それと、仕訳だと?どの№でも「仕掛品」ですが、指図書№が変わるだけでも仕訳が必要です。なので(借方)仕掛品/(貸方)仕掛品・・・という仕訳もよく出てきます。

次回は「部門別計算」の基礎です。お楽しみに(^o^)♪

« 揺れる男心(-_-)? | トップページ | 5/28(木)数学Ⅱ-不等式の証明(2) »