フォト

リンク♪

無料ブログはココログ

« 千歳JALマラソンの記録証(^_^;) | トップページ | 5/27(水)数学Ⅱ-不等式の証明(1) »

2009年6月20日 (土)

今年の宅建合格を目指す人へ(^o^)/

7月に入ったら、今年も「宅建」の申し込みが始まるはずです。受験を予定してる人は早めにHPなどを調べて、申し込みの準備を進めておいてくださいm(_ _)m

初めて宅建のベンキョーをする人(^o^)や、民法のところは苦手(^_^;)という人のために、シマダ簿記では「はじめての民法」(税込2000円)「minpou-sample.pdf」をダウンロード というオリジナル教材を用意しています。本文が12ページで、ボリュームは「レッスンのべ6時間」くらいです。急いで片づけたら2時間×3回くらい、他のベンキョーとか宅建の過去問解説とかをやりながらだと1レッスンにつき1時間×6-8回くらいがちょうどいいかもしれません。

理想的には?8月末までに過去問の暗記カードを少なくとも5-6年分、出来れば10年分(500枚)を作ったほうがええです。シマダ簿記としては、まずはH17年以前の問題から見直してオリジナル解説の教材を作って→それから直近3年分に手をつけようと思っています。どちらも暗記カードのカタチで仕上げるつもりです(^o^)H17年以前は自分が受験したときに一度カードを作ってるので、切り貼りしなくていい分?早く仕上がると思います。

シマダ簿記のHPhttp://www.shimadaboki.comに「暗記カード」とかのサンプルを載せてるので、カードの作り方や書き込みの仕方は参考にしてもらったらええと思います。ただ、「書き込み」って慣れるまでは難しいかもなので、自分では全く手がつけられない(T_T)という人は、シマダ簿記の教材が発売になる日まで(?)、カードの切り貼りを10年分用意しながら待っていてくださいm(_ _)m

宅建はホントにたくさんの教材が市販されていて、どれもホントによく出来てる♪って言うか、独学は十分可能だと思います。ただ、他の資格試験でもそうですが「一発合格(^o^)/」を目指すなら、ある程度の出費(本代とかコピー代)は惜しみなく「投資」したほうがええと思いますm(_ _)m「受験料」だけは1回で済みますように・・・(*^_^*)

今から教材を揃える人は、とにかく「基本書(テキスト)」と「過去問題集」は必需品。必ず今年の”最新版”を用意することです。当たり前ですが、もうそろそろスタートしないと間に合いませんよ(笑)。がんばりましょう(^o^)/

« 千歳JALマラソンの記録証(^_^;) | トップページ | 5/27(水)数学Ⅱ-不等式の証明(1) »