フォト

リンク♪

無料ブログはココログ

« 「社労士レッスン」の初日(-_-) | トップページ | 喫茶店のようなレッスン? »

2009年7月 9日 (木)

社労士-H20年度「労基・安衛」

昨日のヒデチャンのレッスン記事ですm(_ _)m 社労士のH20年度過去問から、午後の択一問題「労働基準法及び労働安全衛生法」のところです。

  • 問1・・・選択肢Bの「使用者は、労働契約の不履行について、労働者に対し損害賠償を請求してはならない」っていうのが×ですが、例えば”こんな場合にはいくらの賠償を請求します”とかの「事前取り決め」は出来ません。但し、実際に発生してしまってからの損害については請求することが出来ます。←ヤスコ先生の本にも書いてあります(*^_^*)
  • その他の選択肢について、例えばCは「他人の仕事や商売にクビを突っ込んで、ピンハネしてはいけない」とか、Dは「給料を前借りしてる従業員でも、そいつの給料から前借り分を勝手に控除してはいけない」=「いったん全額渡してから、前借りの分を本人から返してもらう」ということ。
  • 問2・・・選択肢Aについては、就業規則の作成義務は「常時10人以上」の事業所です。Bは就業規則の作成や変更について「意見は聴かなければならない」けど、「同意を得る必要」はありません。Cの「必ず記載しなければならない」のが×というのは?例えば制裁の種類や程度に関することを”全然決めてない”場合には書く必要がないという意味です。「決めたのなら書く&ないなら書かなくていい」というケースバイケースとでもいうか「相対的記載事項」です。
  • 問3・・・労働者に渡す賃金は、法律上では「ニコニコ現金払い」が原則です。実際には銀行振込でもらってる人が多いかもですが、それには「労働者の同意」を得なければなりません。「労働協約に定めがある」とか「労使協定を結んでいる」とかのレベルと、「労働者の(直接の)同意を得る」は全然違います。賃金の渡し方は、労働者にとってメチャメチャ重要なハナシなので「同意を得る」ことが必要です。
  • 問4・・・労働時間については「1日8時間・1週40時間」の範囲内で働いてもらうこと、というのが原則です。どこまでが労働時間か(-_-)?は労働契約とか就業規則などで決めるものではなくて、使用者の指揮命令下に置かれたものか?の”客観的事実”で決まります。職場内での「政治活動の禁止」のハナシも出てきてました。

ベンキョーし始めのときは、知らないことばかりで大変(T_T)・・・でしょうけど、そこを何とか乗り越えないといけません。社労士の暗記カードも、最初から選択肢全部の意味がわからなくても構いません。わかる範囲でコツコツと作っていけば、過去問の5年目?7年目?くらいには?だんだんとわかってくるはず(^_^)vワタシも今は宅建のカード作ってる最中なのでなかなか手が回りませんけど、早いうちに社労士の暗記カードも「サンプル教材」に加えたいと思っています。

今日やりかけた「労基・安衛」のところ、マンガ社労士のヤスコ先生でも確認しておいてくださいm(_ _)m

« 「社労士レッスン」の初日(-_-) | トップページ | 喫茶店のようなレッスン? »