フォト

リンク♪

無料ブログはココログ

« 京野菜(^o^)♪ | トップページ | 宅建モニター2日目(*^_^*) »

2009年7月18日 (土)

建設業経理士「財務諸表」第4回過去問解説

今までkazueさんと、何回か解いたことはあるような気がしますが(^o^)?レッスン記事は書いてなかったかもなので、おさらいしておきますm(_ _)m 建設業経理士1級「財務諸表」の過去問、第4回の問題です。

【第1問】「株主資本等変動計算書」について・・・問1のキーワードは、①貸借対照表の純資産の部②一会計期間における変動額③株主に帰属する部分④変動事由を報告するため・・・これで書けるかどうか?やってみてください。いろんな専門学校から模範解答が出てますが、ワタシ的にはTACのが一番わかりやすいかなと思いました。

【第2問】(1)では「単一性の原則」が出てきてました。「会計の世界≠少女マンガの世界」なので、会計では「真実は1つ」ではありません(笑)。真実とはケースバイケースであり「相対的真実」です。逆に「会計帳簿」は唯一無二であり、銀行とか税務署とか有価証券報告書とか?会計ではいろんなところにいろんな提出書類がありますが、そういうのを作るときの「元ネタ」になるはずの会計帳簿は唯一無二である!というのが「単一性の原則」の意味です(^o^) (2)のハナシはとっつきが悪いかもですが、問題文の出だしで「清算と対立する概念」って書いてあったのが大きなヒントです。対立するのは「継続企業の公準」←会社は永遠に続いていくから”清算”する日など来ない・・・みたいな。期間損益の計算方法は「財産法」と「損益法」ですが、ボキと言えば?B/SとP/L→B/Sで計算するのが「財産法」でP/Lで計算するのが「損益法」ってカンジです。

【第5問】精算表で出てきた「ファイナンス・リース」ですが、10000千円がリース総額で→期間10年ってことは?→1年につき1000千円・・・これが「仮払金」になってるとのことでした。もしリースじゃなくてフツーに買ってたとしたら?(借方)備品/(貸方)未払金・・・みたいなカンジになってたはずです。リースなので「備品→リース資産」で「未払金→リース負債」ってことです。金利の部分は「前払利息」ですが、実は?払っていくのはこれからです。毎年「今年のぶん」だけを「支払利息」に振り替えていかなアカンってことです。

【第3問】に出てきてたハナシは、会計法規集では「企業会計原則と関係諸法令との調整に関する連続意見書」ってところに書いてあります。メチャメチャ古典的な問題で、たぶん20年前くらいの日商簿記1級とかでも出題されたことがあるはず(-_-)固定資産の取得原価をいくらとするか?フツーは「購入」しか考えたことがないかもですが、「自分で作ったとき(自家建設)」とか「現物出資」とか「交換」とか「贈与」とか、いろんなカタチの「こんなときどうする(^o^)?」がちゃんと決まっています。【第4問】の工事進行基準は、レベルとしては易しいのでケアレスミスのないように練習してくださいm(_ _)m

kazueさんには「財務分析」の過去問も宿題でお渡ししてるので、今日の復習+宿題もがんばってきてください(^o^)/

« 京野菜(^o^)♪ | トップページ | 宅建モニター2日目(*^_^*) »