フォト

リンク♪

無料ブログはココログ

« 2010年のカレンダー(*^_^*)? | トップページ | 宅建模擬ごっこ(古いやつ) »

2009年9月26日 (土)

建設業経理士のリベンジレッスン??

kazueさんのレッスンは、本人曰く「またがんばります(T_T)」とのことなので(笑)、合格発表を待たずに「リベンジレッスン」に突入しました。

先日実施された建設業経理士試験の「9月対策」としては、この半年間ずーっと「第2回-第5回」の過去問を使って、繰り返し繰り返し練習してきました。ノートもしっかり書けるようになったし、過去問もメチャメチャ速く解けるようになったし、半年間でメチャメチャ実力がついたと思います。ただ、さらに高いレベルを目指すには?やっぱり「過去問4回分」ではカバーしきれない範囲って多いし、理想的には「過去問8-10回分」くらいの量を繰り返しトレーニングしていく必要があると思います。なので、これからは、今までやってた4回分に加え、+第6回(最新の問題)+さかのぼってあと5回分くらい・・・を取り上げていこうと思っています(^o^)

今日は早速、過去問の第1回「財務諸表」にチャレンジしてもらいました。第1問の理論は「発生主義」とかのハナシでした。このあたりは会計理論の中でも「古典」です。(1)では現金主義との比較、(2)では実現主義とか費用収益対応の原則とかのハナシでした。特に(2)は、企業会計原則の「損益計算書原則」に出てくるところですが、

  1. 「発生主義」によれば・・・すべての「収益」と、すべての「費用」がわかるはず
  2. すべての「収益」は、①「実現したもの」と②「未実現なもの」があるはずで
  3. (保守主義の観点により)「未実現収益」は計上しないことになってる!
  4. ってことは?「実現した収益」と「それに対応する費用」が損益計算書に計上される
  5. ”対応してない費用”は??・・・”繰延資産”みたいなカタチで「資産計上」される

予備知識(?)としては、こんなカンジです。これをベンキョーの言葉で書かなアカンのですが、わからないままに「模範解答丸覚え」しても→フツーは二度と同じ(聞かれ方の)問題は出ないので(^_^;)→まずは自分の言葉で考えて→それから少しずつベンキョーの言葉を仕入れる・・・のがいいかと思います(*^_^*)

以前、Kazueさんにはお勧めして読んでもらいましたが、建設業経理士1級の「財務諸表」をベンキョーしてる人は、一度「ビジネス書」とかでええので「企業会計原則ウンヌン」みたいな本を1冊買ってみたらええと思います。日商簿記1級とかのベンキョーを先にやった人から見ると?建設業経理士の問題は比較的「古典」が多いし、古典じゃなくても「基本」が多いと感じてるはずです。理論問題が書けなくても?計算がしっかりしてたら合格点は取れるんですが、「会計理論がわからない(T_T)」という不安を解消するなら?とにかく「古典」である”企業会計原則”は強い味方になるはずです(^_^)v

今日、「おいもの焼き菓子」の差し入れをいただいて(*^_^*)まずはKazueさんといっしょにコーヒーブレイク(^o^)その後、まだまだたくさんあったのですが、出来たてであまりにおいしかったので→そのままワタシのバンメシとして独り占めさせていただきましたm(_ _)m(みんなのために買ってくれたんだと思うのですが、すみません・・・)「独り占め」の味はまた格別♪でした(^o^)/←(イケズ?)

次回はKazueさんのリクエストにより、「財務分析の第1回」をやる予定です。コツコツとがんばっていきましょうm(_ _)m

« 2010年のカレンダー(*^_^*)? | トップページ | 宅建模擬ごっこ(古いやつ) »