フォト

リンク♪

無料ブログはココログ

« 伝票制のいろいろ(*^_^*) | トップページ | 宅建直前対策?-Mチャンの場合 »

2009年10月10日 (土)

建設業経理士「財務諸表」リベンジレッスン

Kazueさんとは、今日も建設業経理士1級のリベンジレッスンです(笑)。今回は過去問の第25回「財務諸表」の続きです。以前にもこのブログで同じことを書いてるかもですが、第4問の(2)社債のところをもう一度確認しておきますm(_ _)m

問題では「x1年10/1発行、額面総額100000千円、発行価額@96円、償還期限8年、利率年2.4%、利払日は3末と9末」という設定で、このうち20000千円をx7年3末(これが当期末です)に買入償還した・・・ってハナシでした。

まず、償還損益は?

  1. 発行時から「8年間」の数直線(タイムテーブル)を書く
  2. 「当期」はどこなのか?マークする
  3. 初めから、20000千円だけを発行していたら?として考える
  4. 20000千円×96%=19200千円がスタート
  5. 差金800千円=8年なので、1年=100千円、半年=50千円
  6. 買入償還時の金額は?5.5年経ってるから、19750千円のはず
  7. これを@100千円(20000千円のこと)で買い戻すなら?→250千円の償還損

というカンジです。次に、フツーの社債利息と償却原価法(差金のこと)の計算は?

  • 期末までは100000千円で考えたらええので
  • フツーの利息は、100000千円×2.4%=2400千円
  • 償却原価法のハナシは、スタートが100000千円×96%=96000千円なので→差金は4000千円=8年で1年=500千円

カンタンです(^_^)v「償還損250+利息2400+償却原価法500=3150千円」です(^o^)/

あと、第5問の精算表に出てきた「中間配当」のハナシ。中間配当であろうと?決算配当であろうと?そーゆーのは「儲かったから(株主に対して)払う」のがフツーです。繰越利益剰余金という科目に今までの儲けがたまっていて→そこから出してるってカンジです。精算表に最初から書いてあった「中間配当金」という科目って??これって「仮払金」と同じように考えたらええです。中間配当900を支払ったときに、(借方)中間配当金900/(貸方)現金預金900という仕訳をしていて、それって結局?財源(?)は「繰越利益剰余金」やろ(-_-)?ということです。

「財務諸表」の過去問題は、古いやつになってくると会計基準とかが変わっていて使いにくくなってきます。それでも?解説とかを参考にしながら、「使える問題」は使っていったほうがええと思います。いくら”会計基準の変更”って言っても、その過去問全体が全く使えなくなるわけではないし、やっぱりどんな検定試験でも「温故知新」はキホン中のキホンです(*^_^*)

今日は詳しく出来ませんでしたが、「JV会計」のところもしっかりチェックしておいてくださいねm(_ _)m

« 伝票制のいろいろ(*^_^*) | トップページ | 宅建直前対策?-Mチャンの場合 »