フォト

リンク♪

無料ブログはココログ

« 建設業経理士「財務分析」24回第4問 | トップページ | 妻の気持ち(-_-)? »

2009年10月20日 (火)

ワタシも反省(T_T)-宅建モニター

今、チーチャンのレッスンが終わったところです。今日はワタシのためにステキなお土産を持ってきてくれました。「宅建モニターチャレンジレポート」と題した、A4サイズ1枚にまとめられた報告書ですm(_ _)m上手く書いてくれてるのでよっぽどこのままPDFで閲覧可能にしよかと思いましたが(笑)、まあそれは今度本人に聞いてからにしますね。

今日のレッスンでいろいろ聞いてたら、ワタシら的な「今後の課題」は

「もっともっと質問すること」「もっともっと質問がないか聞くこと」

だと思いました(^_^;)ベンキョーの言葉でいうなら「意思表示」ですが(笑)、宅建のベンキョーは短い期間だったとはいえ、今にして思うとチーチャンの「疑問のレベル」っていうのがイマイチ読み切れてなかったかもしれません(T_T)

チーチャンだけでなく、みんなもそうですが(^_^;)結局?ベンキョーしてて何が困るって「日本語がわからない(-_-)」ってことみたいです。言われてみれば?ワタシ自身も思い当たるフシがあるような・・・。学生時代に”英語で書いてある論文”とかを読まないといけないとき→結局?辞書で調べるのは”専門用語”じゃなくて、フツーの”動詞”だったりしました(T_T)

「専門用語」って、結局は”定義”っていうか”こんな意味です(^o^)”って決まってるから→調べるのは意外とカンタンですが、「フツーの言葉」の方が?→”何をhaveすんねん(-_-)?”みたいなところがあるし(笑)、宅建に出てくるハナシでも?それがやっぱり「話し言葉」ではないから、フツーの言葉でも「書き言葉」に慣れるには?ある程度のトレーニング(?)ってか、慣れが必要だったかもですね。。。。

ワタシとしては、宅建モニターをやってくれた人が不合格だったとしても?

「これならワタシにも出来そう(*^_^*)」「また来年もチャレンジしてみよう(^o^)/」

と思ってもらえることが、ひとまず「合格ライン」だと思っています。チーチャンには「また受けます(*^_^*)」と言ってもらえたので、ホッとひと安心です♪

宅建教材を作る上で、ワタシがこだわったのは「10年分」という”量”と、書き込みした要点の”量”です。前半はとりあえず「写すだけでええから(^o^)」というふうにやってもらいましたが、後半戦でミニテストとかをやるようになってからの→脳みそへの”たたき込み方”は、もっともっとしつこく説明しなアカンかったなと思いましたm(_ _)m当たり前ですが「問題文を丸ごと覚えて」も、まったく同じ文章で再び出題されるわけではないはず。合格する人にしてみれば「それって同じハナシやん(-_-)」と思うことでも、慣れてない人にしてみたら「ええーっ!全然違うやん(T_T)」って思うはず。その違い?用語の意味なんて、実は大ざっぱでよかったりもするけど→そこに書いてあることを「話し言葉」で通訳出来ないようなら?それって「まだわかってないんちゃうん(-_-)?」って思ったりします。

日曜の夜はさすがに?みんなからの”撃沈メール”でちょっと打ちのめされかけましたが(笑)、この2日間でワタシなりの「さらなるパワーアップ教材(?)」のイメージが出来上がりつつあります(爆)。チーチャンとは次回から気分転換に?「ビジネス実務法務3級」をしばらくやっていくことにしましたが、みなさんも他のベンキョーしながらでも?アタマの片隅に「宅建」も置いたままにしてもらえるとうれぴいです。

また、時間あるときにワタシも一度解いてみますねm(_ _)m

« 建設業経理士「財務分析」24回第4問 | トップページ | 妻の気持ち(-_-)? »