フォト

リンク♪

無料ブログはココログ

« 運命の出会い(T_T)? | トップページ | 建設業経理士「財表」続き(^o^) »

2010年1月 9日 (土)

今年も根比べレッスン(^_^;)

今朝は、まぼろしさんとのスカイプレッスンでした。最近、まぼろしさんはレッスンの始めに「自分で解いたやつ」をFAXで送ってくれます。それをワタシが採点→講評(?)みたいなカンジで進めていってます(^o^)

今日も、レッスン前にFAXがニョロニョロ~っと流れてきて、「おおっ!きたきた(^o^)」と思って目をやると→いきなり「残高試算表」なのに「合計試算表」の書き方になってる答案用紙が流れてきました(-_-; ”合計試算表と残高試算表の違い”なんて、今まで何回ゆーてんねん(-_-#と思いつつ(笑)、スカイプを立ち上げると。。。

  • 「センセイ(^o^)今FAX送ったところです♪」
  • 「見ましたよ(-_-)」「ってか、今見てるとこです(-_-)」
  • 「どうですか(^o^)?どんなカンジですか(^o^)?」
  • 「どうって(-_-)」「残高試算表って書いてあるのに、何で”合計”を書くかなぁ(-_-)?」
  • 「えっ?えっ?(^_^;)?」
  • 「今FAXしてもらったやつ、合計試算表になってるし(-_-)」
  • 「えっ?えっ?(^_^;)?」
  • 「えっ?えっ?」「まさか、意味不明とか(^_^;)?」
  • 「・・・・(^_^;)(^_^;)(^_^;)」
  • (ガクッ!)←テンション下がりまくり

そうですか・・・(^_^;)「合計」と「残高」の違いは初耳ですか・・・(T_T)(T_T)(T_T)ってなわけで、もう一度「はじめての簿記」のテキストに戻って説明。「あ~(^o^)そう言えば、そうでしたね~♪」と言われ(涙)、じゃあ、さっきの試算表は「残高」に直しておいてください(^_^;)ってことで。。。結局、この問題自体は”給料支給の仕訳”が間違ってただけで、まあまあ出来てました。解き方手順としては?主要8科目以外はT勘定を書かないで→直接問題文とかに書き込んで計算したほうが早いです。すべての科目についてT勘定を作る方法はあまりお勧めしません。

次、精算表の推定。「従業員が出張から戻って→余ったお金を返してくれた」のハナシ、フツーは「じゃあ、残りは旅費として使ったんやな(^o^)」と考えなくてはいけません(笑)。それと、特に「推定」とか「逆進」になると→左右反対に書き込んだり・・・のポカミスが増えますが、すべての科目について「これは費用だから借方残になるはず」とか、その”属性”でチェックするとかすれば、かなりのミスは防げます。

あと、「(  )地代」とか「(  )家賃」とかの文字を入れるところ。キホン的には①前払②前受③未収④未払・・・の4つしか候補はないはずです。相手科目を見て→「払う立場か?もらう立場か?」を考えたら→4つのうち2つに絞れるはず。この問題では「(  )地代」の相手科目が「支払地代」でした。ってことは?①前払か?②未払か?のどちらかになるわけで、あとは「資産か?負債か?」によってどちらか決まるはずです。

このあと「誤謬(ごびゅう)訂正」の問題をいっしょにやってたときのこと。最初はみんなそうですが、「正しい仕訳」はわかっても?「間違いを直すための仕訳」はなかなか難しいものです。問題文に書いてある「間違った仕訳」をよく見て→それにどういう仕訳を加えたら?結果的に正しくなるか?・・・を聞かれています。今日のは「20万じゃなくて、ホントは8万円」みたいなハナシでした。このとき「ホントは8万円(^o^)」というのはすぐにわかったとしても、解答としては「じゃあ、12万円をマイナスする仕訳(^_^)v」ということを答えることになります。それはまだ、まぼろしさんには難しいかな(^_^;)と思ったので、あとでゆっくり説明しようと思いながら(まぼろしさんの主張を?)聞いてました。。。

  • 「センセイ(^o^)」「ここは、ホントは8万円なんですよ(^o^)」
  • 「そうですね(^o^)」
  • 「あれっ?解答には12万円って書いてあります(^_^;)」
  • 「そうなんですよ(^_^;)」「とりあえず今は、”正しくは8万円”がわかったら十分ですよ(^o^)」
  • 「・・・・・(-_-)」「何か、いつもとリアクションが違うような(-_-)?」「”そんなわけないやろぉ!!”とか、”何回同じこと言わせるねん!!”とか、そうくるかなと思ってたんですけど(-_-)」
  • 「へっ(-_-)?」「だって、まぼろしさんにはまだ難しいし(^_^;)」
  • 「・・・・(-_-)」←(不満?)

まぼろしさんって、ワタシに怒られたいんですね(笑)。そんなお客さん、もう一人?(シマダ簿記では)有名な人がいましたね(笑)。プライベートレッスンも、いろいろ大変です(*^_^*)←??

今、精算表でも?厳しく採点したら「30点中12点」くらいです。検定に合格しようと思ったら、とにかく「採点基準に合わせたベンキョー」をしないといけません。「だいたいわかった(^o^)」とかはただの主観なので、そうではなくて「出題者満足主義」でいかないとアカンってことです。ぜいたくい~んさんに説教してたときの「カスタマーファースト」と同じことです(笑)。

次回レッスンまでに、みっちりと復習しておいてくださいm(_ _)m

« 運命の出会い(T_T)? | トップページ | 建設業経理士「財表」続き(^o^) »