フォト

リンク♪

無料ブログはココログ

« 実教モギ3級特訓(^_^;) | トップページ | 昭和のツッコミ(T_T) »

2010年2月10日 (水)

実教モギ2級の続き

今朝はサヤカチャンのレッスンでした。サヤカチャンが来てくれる日はいつも?

  • メッチャ寒いとか(-_-)
  • 雨降ってるとか(T_T)

そんなんばっかりですが(笑)、今日も雨の中を元気に来てくれました(^o^)今日ベンキョーした主な内容は

  • 報告式P/Lのフォーマット
  • 売上原価の内訳について
  • 加工費と仕掛品の勘定記入
  • 損益分岐点売上数量とか

こんなカンジでした。実教モギの第10回とか第3回あたりだと思います。報告式P/Lについては、「いろんな利益」が出てきます(^o^)

  1. 売上総利益(う)
  2. 営業利益(え)
  3. 経常利益(け)
  4. 税引前当期純利益(ぜ)
  5. 当期純利益(と)

上から順に書くと、こんなカンジです。慣れるまでは何でか?2と3がどっちだったっけ(-_-)?ってなる人が多いです(笑)。暗記方法としては?これって頭文字が50音順になってます(爆)。売上原価の内訳を書くときによく間違えるのは、タナ減とか評価損とかが出てきたときに→それらは「足し算」ってことです(^_^)v・・・商品として考えると「減る」ので?引き算してしまう人が多いですが、それってB/S上の「商品」のハナシであって、P/L・B/S上ではあくまで「売上原価」という名前の”費用”を計算しています。なので、タナ減や評価損などの中で→「売上原価に算入する」と言われたものは、ここで足し算していくことになります(^o^)

工業簿記のハナシで、「加工費って何(-_-)?」って思った人もいることでしょう。モノを作るときにはまず「材・労・経」を投入しますが、これを「原料費と加工費」というふうに分けることも出来ます。総合原価計算でハコ書いて計算するときには、「材のハコ」と「加のハコ」を書いてる、あのハコのことです。今日の問題では”加工費は予定配賦”でした。暗記でいくなら?

「予定配賦=年間(金額)÷年間(時間)」

ってカンジで、「予定=年間÷年間(^o^)」って覚えておいたら便利です(笑)。それで1時間あたりの金額を出したら→今月の忙しさ(時間)に掛け算すればOKってことです。あと、賃金も予定配賦でしたが、T勘定に記入したいのは「予定」の金額です。賃金のハコ書いて計算したものはあくまで「実際」なので、それに賃率差異を±して「予定」にしないといけません。今日の問題では”賃率差異は借方105万円”だったので、

  • 借方差異ってことは→借方は”費用”なので
  • 費用を使いすぎた(予定よりも使いすぎた)
  • じゃあ、使いすぎる前は?
  • 実際額からマイナスすればOK♪

こんな思考回路です(^_^)v

CVP分析では、何はさておき

  1. 売上-変動費=限界利益・・・全体の%でも、1つ当たりの金額でもOK
  2. 固定費の額

これを出さないと始まりません。損益分岐点売上でいい場合は、利益はゼロでええってことなので、1の限界利益で→2の固定費が払えたらOKってこと。目標利益があるときには、2の固定費だけじゃなくて+目標利益を上乗せした金額を稼がないといけません。1つ100円で売っていて変動費が1つ60円なら?→固定費ナシでも?1つ40しか儲かりません。なので、1つあたりの限界利益は40円。いくつ売れたら固定費が払えるか?固定費の金額÷40円で出せるはずです(^_^)v

とにかく何回も何回も解いてみると→自分がどこまでわかっていて?どこからわからないか?がハッキリしてきます(^o^)「解ける」か「解けない」かではなくて→「解けない」でええので(笑)それがどこからなのか?を調べるために、たくさん解いてみてください(^o^)

次回また続きやります(^o^)/

« 実教モギ3級特訓(^_^;) | トップページ | 昭和のツッコミ(T_T) »