フォト

リンク♪

無料ブログはココログ

« 芸の伝承(*^_^*) | トップページ | 実教モギ2級の続き »

2010年2月 9日 (火)

実教モギ3級特訓(^_^;)

夜イチはエリチャンのレッスンでした。エリチャンは2月の日商検定を受けるので、かなり「受験モード」に入ってきました(^_^;)今から約20日間、たぶん何回も?「もう、受験やめた(T_T)」って思うはずですが(笑)、そこを何とか

「まずはスタートラインに立つ(^o^)/」

ということを最低限の目標として、踏ん張らないといけません。受験に行けば→最悪でも?「受験してみないとわからないこと」がわかるようになります(^_^)v”合格”というのは、後からついてくるものなのです(*^_^*)

今日は、前回までやってた精算表対策で2-3コの質問があったのと、第3問対策としての「決算整理後T/B→P/L・B/S作成」と、「合計残高T/Bと掛明細作成」をやっていきました。決算整理後T/B→P/L・B/Sの問題では、やみくもに解答用紙を上から順番に埋めようとするのではなく→重要ポイントは必ず解答する!というのがコツです。第5問の精算表をイメージするとわかりやすいですが、

  • 決算整理のネタになってる科目(P/Lでは売上原価とか貸倒引当金繰入とか減価償却費など・B/Sでは商品とか前払・前受・未収・未払とか)
  • よそいきP/L・B/Sとして、フォーマットが決まっているところ(B/Sの貸倒引当金とか減価償却累計額をマイナスするところ)
  • よそいきP/L・B/Sとして、普段と違う書き方をする科目名(売上高・売上原価・商品・減価償却累計額など)

こういう点に注意すると、確実に点数が取れるようになります(^_^)vそれと、「期首商品+当期仕入-期末商品=売上原価」の式(というかハコ)は暗記必須です。この式は、どれが?になっても→ちゃんと求められるようにならないといけません。

試算表作成問題では、まず!聞かれてるのが

  1. 合計試算表なのか?
  2. 残高試算表なのか?
  3. 合計残高試算表なのか?

これをしっかり把握してからでないと、間違えると全く意味がありません(-_-)これも、解答用紙を上から順番に埋めていこうとするのではなく→まずは「主要8科目」を!→時間がないときには「売上」と「仕入」だけでも仕上げます。問題文についてとりあえず仕訳をしていく・・・のは最悪です(-_-)1つでもいいから、解答用紙に書くべき金額を求めないといけません。そのとき「主要8科目」以外は配点がなかなか来ない!ってことです。

売掛金明細表とか買掛金明細表を作る問題がくっついてる場合には、ここにも必ず点数があります。ただ、「試算表作成」と「掛明細作成」は→別々の問題として考えないといけません。一度に処理しようとして?いちいち「売掛金(××商店)」みたいなメモの取り方はメチャメチャ時間がかかるし&ポカミス誘発バリバリです(T_T)

日商3級の場合、フツーは第3問が一番時間がかかります。なので、他の問題に目を通した最後に、「最後の残り時間すべて」をかけて解いていくのがいいと思います。そのときに

  • 残り1時間なのか?・・・たぶん全部解けるはず
  • 残り30-40分なのか?・・・主要8科目と掛明細
  • 残り20分くらい?・・・主要8科目
  • 残り15分くらい?・・・掛明細と、試算表の「売掛金」と「買掛金」くらい
  • 残り10分?・・・「現金」「当座預金」「売上」「仕入」の4科目
  • 残り5分?・・・「売上」と「仕入」だけでも!

こんなカンジで作戦を立てたらええと思います(^_^)v前もって練習しておくと、残り時間が少なくなっても焦らずに立ち向かうことが出来ます♪落ち着いて解けば→残り5分でも?「6点」くらい取れる!ってことです(^_^)v第3問は配点が大きい(30-32点)ので、全滅すると合格はあり得ません(T_T)→なので「6点」でもメチャメチャ貴重な得点です(^_^)v

エリチャンはかなり「体育会系」です(笑)。”ノルマに強い性格”とお見受けしたので→レッスンではドンドン詰め込んで→力の限り?復習をしてきてもらおうと思ってます(^_^)v

この記事を読んで、根性に自信のある人は?今からでも2月受験にお付き合いしますのでご連絡ください(爆)m(_ _)m

« 芸の伝承(*^_^*) | トップページ | 実教モギ2級の続き »