フォト

リンク♪

無料ブログはココログ

« ものまね大会(-_-) | トップページ | 合気道4日め(T_T)(T_T) »

2010年5月16日 (日)

日商簿記2級いろいろ

自称構造屋さんのレッスンは、日商簿記2級の模擬問題集続きです(^o^)今日の問題では

  • 標準原価計算の差異分析
  • 備品の減価償却計算(資本的支出)
  • 本支店のP/LとB/S作成
  • 決算整理後残高試算表の作成

などがありました。模擬問題集も、フツーは回を追うごとに出題レベルが高くなるのでやりごたえが出てきます(^_^)vなかなか1冊を最後まで解いてから本試験に挑む人は少ないと思いますが、ちゃんと最後まで解いてこそ?問題集も成仏(?)するというものですm(_ _)m

標準原価計算の問題では、何をさておき!「生産データ」です。ハコ書いて→当月投入はいくつだったのか?→その投入が”原価標準通り”だったら?→それと実際投入量を比較して→差異を出す・・・という流れです。メチャメチャカンタンな問題だったら?「月初月末ともに仕掛品はナシ」って書いてあります。それってハコ書いたときに月初と月末がゼロなので「当月=完成」です。それのどっちを使って差異分析してたのか?っていうのが「当月投入」ってことです。実際投入量が多いか少ないか?とか高いか安いか?って分析してるのだから→当然「投入量」で比較しないとアカンはずです(^o^)

減価償却のハナシでは、今日の問題では複数年度にわたった計算を聞かれてたので→まずは「聞かれてること」の整理です。タイムテーブルを書くとしても?それぞれの備品についてのタイムテーブルはいらないはずで、それより「会計年度」が何年分必要なのか?を考えないといけません。その中で、備品の購入とか除却とかのイベント(?)がいつ起こってるのか?ってところから攻めていきます(^_^)v資本的支出のハナシで残存価額(×0.9)を忘れないようにするのも注意です。

本支店のハナシでは、与えられた資料が既に「虫食い」だったので、本店勘定とか支店勘定とかがわからない場合はXとかYとかの文字を入れて進めていかないといけません。未達を整理したあとには残高が一致するので、そのことから逆算して求めるってハナシです。まずは「未達の整理」ですが、そのとき出てきた仕訳で動く科目(売掛とか買掛とか営業費とか?)は、その時点で解答用紙に書いてしまうとか、問題文の試算表に書き込みしておくとか、忘れないようにしておきます。そのあとに決算整理で、くれぐれも「解答用紙を上から順に埋めていく」ということがないようにしないといけません。今日の問題でも?与えられた試算表(問題文の)の虫食いを先に埋めようとしたらドツボにはまります(^_^;)

決算整理がメインの問題では、それが「精算表」でも「残高試算表」でも「P/LとB/S」でも?同じことです。キホン的には”決算整理で数字が動くところ”にしか配点は来ないので、やみくもに解くのではなくて→1つの決算整理について→その仕訳で出てくる科目を1つずつ完成させていく・・・というカンジになります。1つの仕訳でP/L科目とB/S科目が動くはずなので、その両方をその都度仕上げると早く解くことが出来ます(^_^)v

模擬問題集や過去問題集は、「解けた」だけで終わるのではなくて→「速く正確に解ける」というところまで繰り返し練習しないといけません。一通り解けるようになったら、時間を計って制限時間内に仕上げる練習もしてみてください(^o^)

« ものまね大会(-_-) | トップページ | 合気道4日め(T_T)(T_T) »