フォト

リンク♪

無料ブログはココログ

« ちょっとずつ行政書士(^o^) | トップページ | 合気道2日め(T_T) »

2010年5月 9日 (日)

100点のための日商2級(*^_^*)

自称構造屋さんのレッスンでは、日商2級の模擬問題集をいくつかいっしょにやっていきました(^o^)最初に解いた問題は、商業簿記の第3問【精算表の作成】でした。。。

  • 「センセイ(^o^)」「まずは、商品のハコから解いていけばいいんでしたよね(^o^)?」
  • 「そうですね(^o^)」「決算前の修正があればそれを片づけて、そのあとすぐに商品のハコです(^_^)v」
  • 「いつも、久しぶりに解くと?工業簿記のハコと商業簿記のハコがごっちゃになるんですけど(^_^;)」「標準原価の差異を出すハコと、タナ減と評価損を出すハコと(^_^;)」
  • 「そうですか(^o^)?」「タナ減のほうは、”タナから降ろす”ってことで、タナの上から下へ降ろさないと数えられないから→タテに切ったハコになるんですけど(*^_^*)」
  • 「あっ(^o^)♪」「そうなんですね(^o^)」「そういうことなら、もう覚えました(^o^)」
  • 「ほんで(^o^)」「タテに切るハコの、ホントに”タテ長のスペース”が棚卸減耗費の計算です(^o^)」「商品ごとに、ハコ書くんですよ(^o^)」

そんなこんなで?精算表はラク勝(^_^)v次は【工程別】とか【標準原価計算】とかをやっていきました。「原価標準」という言葉は、”標準通りに作ったときの1個当たりの原価”ってことです(^o^)フツーは「材・労・間」とかのデータが出てると思うので、それらを集計して値段を決めることになります。間=製造間接費は?変動と固定に分かれてるときもあるので、ちゃんと両方忘れずに計算しないといけません(^_^;)

【特殊仕訳帳】では、今日の問題では「現金出納帳」と「仕入帳」と「売上帳」、それから「支払手形記入帳」と「受取手形記入帳」もありました。それにプラスして「普通仕訳帳」です。これらを集計して→残高試算表を作成する問題でした。何はさておき?重要な科目から解かないとアカンので、

  1. 「現金」と「売上」と「仕入」・・・それぞれの特仕”だけ”で集計して→金額を決める
  2. 「受手」と「支手」と「売掛」と「買掛」・・・T勘定を作って、すべてのデータから転記して計算する
  3. 残り、問題文で出てきたザコの科目

こんな順番で解いていくことになります(^o^)気をつけないとアカンのは「受手」と「支手」です。これらは「発生側は特仕」で、「減少側はデータから拾う」ってカンジになります。特殊仕訳帳の中でも?手形の特仕は発生側(増加側)しか記録されていません。

あと、【副産物】ですが、「副産物の評価」は何をさておき?”副産物のおかげで→いくらお金が節約出来るか?”なので、ハコとか書く以前に単独で計算出来るはずです(^o^)副産物とは?あくまで「わざわざ作るつもりじゃないけど、出来てしまうもの」です。それでお金が入ってくるなら→本来の活動のためにそのお金が使えるので”節約”です(^_^)v今日の問題だったら、「キロ当たりの単価×キロ数-加工費」で計算します(*^_^*)忘れてはいけないのが、副産物があるようなモノを作ってるときの完成品原価は?

「最初の完成品原価から副産物評価額をマイナスする」

ってことです。せっかく節約になってるのだから、完成品原価からマイナスしないと意味がありません(^_^;)それを忘れると、完成品の単位原価も大きいままになってしまいます(^_^;)

日商2級も、「受かるだけ(^o^)」じゃなくて「100点取るぞ(^_^)v」と考えたら?かなり難しい試験です。このレベルからちゃんと慎重にカンペキに解く練習をしておくと→将来とってもラク勝です(*^_^*)解けるようになった問題→いかに速く正確に解くか?の練習もしながら、コツコツとがんばっていきましょう(^o^)/

« ちょっとずつ行政書士(^o^) | トップページ | 合気道2日め(T_T) »