フォト

リンク♪

無料ブログはココログ

« 爆笑?行政書士過去問(^o^) | トップページ | 荷為替→貿易の本(*^_^*) »

2010年10月26日 (火)

日商3級の「有価証券」について(^_^)v

さっき、エリチャンのレッスンで聞かれた質問です。先日、まぼろしさんも同じような質問をしてたので(^_^;)ブログ読者のみなさん(?)にも、ご紹介しておきますm(_ _)m

【質問1】有価証券って何(^o^)?みたいな。。。

  • 有価証券→価値のある証券?→価値のある紙切れ?→値打ちのある紙切れ・・・ってカンジです。ボキ的には①株と②債券(さいけん)があり、債券は「国債」とか「公債」とか「社債」とかがあります。国が発行してるとか?会社が発行してるとか?の違いです。
  • どちらも、その値段(相場)が上がったり下がったりします。新聞に小さい字で”名前と値段”がたくさん並んでる?アレのことです(^o^)

【質問2】国債とか社債の”額面”って何(^o^)?

  • 額面(がくめん)≒定価・・・ってイメージでええです。その紙切れの定価は決まってるけど、それより安く買えたり?高く買えたりします。売りたい人と買いたい人のバランスで値段が決まるので、「今いくらか?」が新聞に載ってる値段ってことです。
  • 有価証券を買ったときの値段は、”定価”ではなくて→”自分が買った値段”です。手数料とかも含めるのを忘れないように!

【質問3】何で?仕訳にカンケーないのに”額面”がいちいち問題文に書いてあるのか(-_-)?

  • 3級のときは”売買目的で購入”という場面しか出てこないので、結果的に”額面”がカンケーないだけのことです(^_^;)
  • ”売買目的”っていうのは→安く買って♪高く売る(^_^)v→それで儲ける♪っていうのが目的です。なので、自分が”いくらで買ったか?”を正確に仕訳して→いくらで売れたから”売却益はいくらか?”を出すのが仕訳の目的になります。
  • 2級になったら?例えば「5年ものの国債を、満期までずーっと持ち続ける」みたいなハナシも出てきます。債券とは”満期が来たら定価で受け渡し”という紙切れなので、満期まで持ってる目的なら、毎年ちょっとずつ”定価に近づけていく仕訳”をしていくことになります(^o^)

余談ですが、3級ではまだ有価証券を”買う”(しかも売買目的で)ってハナシしか出てきませんが、級が上がれば?紙切れを”発行する”側とか、買うハナシでも?さっきみたいに”満期保有目的”とかその他いろんな目的で買うハナシが出てきます。発行するときにはそれが①株なのか?②債券なのか?で全く違う仕訳になるし、買うハナシでも?目的別にいろんな仕訳の仕方が出てきます。

3級に合格したあかつきには(^o^)?もっといろんなベンキョーが習えるので、これから先のお楽しみです(^o^)/

« 爆笑?行政書士過去問(^o^) | トップページ | 荷為替→貿易の本(*^_^*) »