フォト

リンク♪

無料ブログはココログ

« 第126回日商簿記3級解説(^o^)-その1 | トップページ | モーニングプリン(*^_^*) »

2010年11月21日 (日)

第126回日商簿記3級解説(^o^)-その2

続きです(^o^)

【第4問】フツーに仕訳して、「現金」になる部分を入金伝票または出金伝票に書き込みます。それ以外の部分を振替伝票に書けばOKです。

【第5問】まずは「決算日に判明した事項」から。仕訳したらこんなカンジです。

  1. (借方)広告宣伝費18000/(貸方)現金過不足7000・雑益11000
  2. (借方)現金3000・旅費交通費17000/(貸方)仮払金20000
  3. (借方)仮受金40000/(貸方)売掛金30000・前受金10000
  4. (借方)当座預金50000/(貸方)受取手形50000

(1)の仕訳で、現金過不足の金額よりも広告宣伝費のほうが多かったので「アレッ(-_-)?」と思ったかもですが、結局はお金が多かったってことです。(3)とか(4)の仕訳で、売掛金とか受取手形の金額が変わるので→貸倒引当金を設定するときに注意が必要です。

次、「決算整理事項」へ。

  1. 「繰越商品」と「仕入」で、×で同じ金額を入れるだけ。
  2. さっきの仕訳で数字が変わってるので、最新の金額×4%で貸倒引当金の金額を設定します。
  3. 建物150万×0.9÷25年=54000、備品70万×0.9÷6年=105000
  4. 最初の数字が274000になるので、差額を「益」にします。
  5. 現金過不足はさっきの仕訳で終わっています。
  6. 最初に「消耗品が63000」でスタートしてたので、それが8000しか残ってないってことは?引き算したら”使った分”が出ます。それが「消耗品費」という費用になるはず。
  7. 最初に書いてた192000は「1年分」なので、12で割ったら月額16000が出せます。3ヶ月分が前払なので48000が前払保険料です。
  8. 未収地代30000とします。
  9. 未払給料45000とします。

今回の難易度は、結構やさしかったんじゃないかと思います(^o^)ギリギリ合格のための黄金パターンとしては?

  • 第1問で4問正解で16点ゲット
  • 第2問はせめて27日だけで2点ゲット
  • 第3問は仕入と売上と、せめて支払手形と買掛金で12点くらいゲット
  • 第4問は10点ゲット
  • 第5問も満点で30点欲しいところ

こんなカンジかな?と思います。第3問は点差が開くところです。よく練習してる人なら満点取れたと思うし、今回の試験は90点以上の高得点合格者も多いと思います(*^_^*)やっぱり検定試験とかは「受かるまで受ける(^_^)v」のが大事ですね(笑)。みなさん、1発合格にこだわらずにがんばってください(*^_^*)

« 第126回日商簿記3級解説(^o^)-その1 | トップページ | モーニングプリン(*^_^*) »