フォト

リンク♪

無料ブログはココログ

« 桃栗3年、鍛錬20年(^_^;) | トップページ | パワーおかゆ(*^_^*) »

2011年1月18日 (火)

潜在株式の希薄化効果(T_T)?

先日のkazueさんのレッスンで、「1株当たり当期純利益に関する会計基準」が出てきました(^o^)フツーに考えたら?→「当期純利益÷株式数」ってことなので難しくも何ともありませんが、

  • 潜在株式(T_T)?→せんざい?→洗剤(T_T)?
  • 希薄化(T_T)?→希望が薄い?→薄幸(T_T)?

とか考えてたら、えらいことになります(笑)。

  • (法規集の「潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定」より)
  • 「センセイ(^_^;)」「”潜在株式が希薄化効果を有する場合”ってどういう意味ですか(^_^;)?」
  • 「ええと(^o^)」「これから発行予定の株式があるときに、ホントに発行したら”発行株式数”が増えるから→”当期純利益÷株式数”の答が小さくなるからどうすんねん?みたいなハナシです(^o^)」
  • 「どうするんですか(^_^;)?」
  • 「調整するねんて(^o^)♪」「”潜在株式調整後1株当たり当期純利益”って書いてあるところに式が書いてあるし(^o^)」
  • 「・・・・(^_^;)(^_^;)(^_^;)」←(既に拒否反応が出てる?)
  • 「何もなければ”当期純利益÷株式数”でええところを、潜在株式があるってことは?分子にも分母にも調整が入るってことなんです(^o^)」「潜在株式がホントに発行されたら株式数が増えるから、その分”当期純利益”にも調整額をプラスしましょう♪ってことです(^o^)」
  • 「潜在株式って、そんなのあるんですか(^_^;)?」
  • 「例えば、新株予約権がついてる社債とか(^o^)」「転換社債とか(^o^)」
  • 「ああ(^o^)」「ありましたね(^o^)♪」「転換社債が転換されたら、株式が増えますよね(^o^)」
  • (ほっ(^_^;)・・・。)←心の中で(笑)

ここで出てくる「当期純利益調整額」っていうのは、具体的には?転換社債だったりしたら→「それが株式になることによって、必要なくなる費用」のことです。例えば、転換前は”社債利息”も必要だっただろうし、同じく”社債利息”という科目でも?昔で言う”社債発行差金償却”も計算に入れないといけないし、利払いに係る事務手数料なんかも含めないといけません。それらの費用合計が、「株式に転換されたら不要になる分」なので→当期純利益が増えるだろう(^o^)ということです。但し、この計算は”税引後”で考えないといけないところがとっても面倒です(^_^;)

また次回、会計法規の続きをやっていきます(^o^)

« 桃栗3年、鍛錬20年(^_^;) | トップページ | パワーおかゆ(*^_^*) »