フォト

リンク♪

無料ブログはココログ

« ご想像にお任せ(^_^;) | トップページ | 日商2級模擬問題ハイレベル編(^o^)? »

2011年4月 4日 (月)

部門別個別原価計算

まぼろしさんのスカイプレッスンは、日商2級の「部門別」に入ったところです(^o^)

  • 「まぼろしさん(^o^)」「今日から部門別です(^o^)」
  • 「はーい(^o^)」
  • 「今までは、みんなで使った共通費を→製造間接費っていう科目で仕訳してたんですけど、今日はそれをもうちょっと細かく考えて→部門ごとにいくら使ったのか?とか考えていくことになります(^o^)」
  • 「はいはい(^o^)」
  • 「製造間接費のときに、1時間あたりいくらか?みたいな”配賦率”を計算してたんですけど、今日は部門別に考えるから→部門ごとに、たくさんの”配賦率”を計算するんです(^o^)」
  • 「うんうん(^o^)」
  • 「・・・・(-_-)」「まるで他人事でしょう(-_-)?」
  • 「えっ(^_^;)」「そんなことないですよ(^_^;)」「ぶ、部門別ねっ(^_^;)?」
  • 「そうです(-_-)」「部門別です(-_-#」

部門別計算は、苦手な人が多いところです。「部門費配分表」とか「部門費振替表」とか、表の穴埋めみたいな出題が多くて→その穴埋めはカンタンですが→”それがどうした感”とでも言うのか?、何をやらされてるのか?全然わかってない(^_^;)・・・という人が多いと思います。。。

工業簿記なので、基本的には「自分が作ってる製品はいくらかかってるのか?」を計算しているはずです。そのときに、それぞれの製品にかかる”共通費”をどうやってワリカンするか?日常生活のワリカンだったら「人数でアタマ割」が多いかもですが、ベンキョーの世界はもっともっと細かく考えないといけません。どうやったら公平に決められるか?「時間数」とか「重さ」とか「何かの金額」とか、いろんなものを駆使してワリカンの基準を決めていきます。

「ワリカンの基準」というのが、ベンキョーで言う「製造間接費の配賦基準」です(^o^)♪フツーは1つの配賦基準を決めて計算していきますが、部門別では?配賦基準を部門ごとに決めていかないといけません。

日商2級の問題だったら?①切削部門②組立部門③仕上部門・・・ってカンジの出題が多いです。何種類かの製品を作ってるときに、「切るのはカンタンでも、組み立てるのにメチャメチャ時間がかかるやつ」とか、「切るのにメチャメチャ時間がかかって、組み立てはカンタン」とか、いろいろあるかもしれません。そんなときに、単純に「製品が出来上がるまでに何時間かかるか?」ではなくて→「切るのに何時間で?組み立てるのは何時間で?・・・」と考えるほうが正確に計算出来るはず。そのために、部門ごとの配賦率を考えていくわけです(^_^)v

また、まぼろしさんからも質問がいろいろ出てくると思うので(笑)、続きはまたのお楽しみにm(_ _)m

« ご想像にお任せ(^_^;) | トップページ | 日商2級模擬問題ハイレベル編(^o^)? »