フォト

リンク♪

無料ブログはココログ

« プレイバック(^_^;)? | トップページ | ご褒美な時間(*^_^*)? »

2011年6月26日 (日)

検定対策とは(-_-)?

kazueさんのレッスンは、いよいよ「貿易実務検定C級」直前対策でした(^o^)実は昨日、協会が主催してる「1日直前対策講座」を受講してきたそうで、そのときに配られた資料をワタシにも見せてくれました(^_^)v

  • 「センセイ(^_^;)」「全然、受かる気がしません(^_^;)」
  • 「・・・・でしょうね(^_^;)」「レジメもらうと?”これを覚えなきゃ(>_<)”って思いますよね(^_^;)」
  • 「・・・・(T_T)(T_T)(T_T)」
  • 「確かに、レジメとかテキストとかには大切なことがいっぱい書いてあるけど、試験にこの通りのカタチで出るわけじゃないから→やっぱり試験対策は過去問を解きまくるしかないと思いますよ(^_^;)」
  • 「・・・・(T_T)」
  • 「今までいっしょに過去問4回分も解いてきたし、それにまだ手をつけてない過去問も何回分かあるし、それを繰り返し繰り返し解いてたら→だんだん受かる気になってきますよ(^o^)」
  • 「・・・・(T_T)」
  • 「・・・・(^o^)?」「大丈夫ですよ(^o^)」「まだ1週間もあるし(^o^)」

一般的に?「直前対策講座」というものは、あとで受講生の方々に

「習ってないことが試験に出た(-_-)」

と思われないようにするため、どうしても詰め込み式になります。それでも講義時間内にしゃべれる量には限りがあるので→せめて「レジメに書いてある」と反論出来るように?→直前対策講座で渡す資料というのは膨大な量になりがちです(^_^;)それをマジで”直前”で覚えようとするのは無理なハナシで(^_^;)、ちゃんと過去問を解いて本番の出題形式に慣れておいて欲しいと思いますm(_ _)m

過去問を解くときに、時間を計りながら「年度ごと」と言うか「回数ごと」に解いていける人は理想ですが、実際にはそれが出来る人は少ないと思います(^_^;)そんなときには?例えば、「第1問目対策」とか「第2問目対策」とか自分で決めて→同じ問題番号のものを立て続けに数回分解いてみる方法がおすすめです(^o^)貿易実務検定だったら、第1問は○×が10問=各3点×10=30点です。○か×か?だったらデタラメでも答えられるはずなので(?)、10問やるのに5分もかからないと思います。細切れ時間を利用して、何回も何回も解いてみたら、だんだんと問題の意味もわかってくるし、正解も覚えられるはず。出来れば過去問のあるだけ全部やってみたら、中でも”出題頻度の高い問題”とかを自分で見つけられるはずです(^_^)v

「貿易C級」は、英語よりも貿易実務のほうが配点が高いので、第1問の○×10問=30点と第2問の2択15問=45点を徹底的に練習するのが合格への近道だと思います。第1問と第2問の正解率が上がれば、自然?と第3問や第4問の正解率も上がってくるはずです。

ってなわけで、最後まで諦めずにがんばってください(*^_^*)♪

« プレイバック(^_^;)? | トップページ | ご褒美な時間(*^_^*)? »