フォト

リンク♪

無料ブログはココログ

« どんなときも仕訳(^_^;) | トップページ | 死に際の魔術師\(T_T)/ »

2011年6月16日 (木)

第128回日商簿記検定2級反省会(^_^;)-第4問

とりあえず第4問です(^o^)易しかったと思いますが、慣れてない人は「原価計算表」みたいなのを計算用紙に書いてみたらいいと思います。

「128nboki-4.pdf」をダウンロード

解答用紙のT勘定を、速く埋めるには?

  • 直接材料費・・・問題文を見ながら金額を合計する
  • 直接労務費・・・問題文より「175時間×2,000円/h」
  • 直接経費・・・ここでは”外注した加工費のこと
  • 製造間接費・・・問題文の「5,400,000円÷2,160時間」より、”1時間あたり2,500円”が出ます。なので、「直接労務費のときの175時間×2,500円/h」で計算する
  • 月末仕掛品(まだ出来てないもの)は#15だけなので、#15の直材+直労+間=12万円が貸方の月末仕掛品金額になる。
  • とりあえず貸借差額で「完成品原価」が出るはず。

#13には外注費があったのを忘れずに集計します。あと、この問題がもうちょっと難しかったとしたら?

「製品が完成して顧客に引き渡したときの仕訳をしなさい(^o^)」

とかのオマケがついてくると思います。工業簿記の仕訳では、フツーは?

(借方)製品/(貸方)仕掛品

が「完成したときの仕訳」ですが、個別原価計算の場合には”受注生産”←(お客さんに頼まれてからしか作らない)なので、”製品”という科目を使わないことが多いです。「製品勘定を使わない=製品在庫を持たない」ということです(^_^)v

なので、「完成した製品はすべてそれぞれの顧客に引き渡しされた」ということになり、製品勘定をすっ飛ばして→いきなり”売上原価”勘定になります。

(借方)売上原価/(貸方)仕掛品

問題文にこのときの”売価”が書いてあったら?

(借方)売掛金/(貸方)売上

も同時に仕訳されることになります(^o^)

個別原価計算の場合、問題として聞かれてることが①原価計算表の作成かもしれないし、②仕掛品や製品のT勘定記入かもしれないし、③仕訳かもしれないし、どう聞かれたとしても?すべて同じ問題です(^_^;)これに”失敗”が加わって→補修指図書や代品製作などが出てきたら?もっと難しくなります(T_T)

今回の問題は「基本的」なので、必ず正解が出るまで練習してくださいm(_ _)m

« どんなときも仕訳(^_^;) | トップページ | 死に際の魔術師\(T_T)/ »