フォト

リンク♪

無料ブログはココログ

« おせっかいレッスン(^_^;) | トップページ | スパイベルト(^o^)? »

2011年7月16日 (土)

数字の見方(*^_^*)?

「ビジネス会計検定」のレッスンでの1コマ(笑)。。。

  • 「センセイ(^o^)」「資本利益率を分解する式は、これって?暗記するしかないんですか(^_^;)?」
  • 「暗記って言うか”分解”してるんやし→例えば資本利益率だったら?→分母の”資本”と、分子の”利益”に分解して→それぞれを”ボキ的に意味のある数字”に変換してるってカンジかな(^o^)」「分数の答が大きくなったとき、①分母が小さくなったからか?②分子が大きくなったからか?どっちに原因があるのかを分析してるねんけど、経営分析で出てくる数字っていうのは、数学とは違って?”数字に意味を持たせる必要があるねん(^o^)」
  • 「数字に意味って(*^_^*)?」
  • 「例えば、シマダ簿記の住所って?①引っ越し前は東天満1-10-8で、②引っ越し後は東天満2-6-8やねんけど(^o^)」「これを単に?入力するだけなのか?それとも意味のある数字と捉えるか?」「知ってる人だったら、”1丁目→2丁目ってことは→国道1号線の南側→北側に引っ越したのか(^o^)”ってカンジやねん。」「ってことは?①1丁目10-8と②2丁目6-8は共に”意味のある数字”やんか(^o^)?」
  • 「うんうん(*^_^*)」「わかります(*^_^*)」

資本利益率とは?大ざっぱに言うと「利益(分子)/資本(分母)」です。資本が100で利益が10だったら=資本利益率は10%ってことです(^o^)それが例えば15%にアップしたら?

  • 利益が大きくなったのか?
  • 資本が小さくなったのか?

と分析していくことになります。そのとき「利益が大きくなったのか?」というのを→利益そのものの数字じゃなくて「売上高利益率」に、「資本が小さくなったのか?」ということを→資本そのものの数字じゃなくて「資本回転率」で表そうとしてるのが、テキストとかに載っている”分解式”です(^o^)数学的(?)に言うと、”分子分母の両方に売上高をかけ算しただけ”ですが、そうすることによって経営分析的に(?)よりいっそう”意味ある数字”になってきます(*^_^*)

では!例題を(笑)。

  1. 資本100で利益10、そのときの売上高は200
  2. 同じく、資本100で利益10、売上高だけが400になった

このとき、資本利益率は全く同じですが、分解して考えると?会社の事情がものすごく変わってきたことがわかります。売上高が2倍になったのに、利益が同じ。それによって「売上高利益率」は半分になるし、同じ資本なのに売上が2倍になったことは「資本回転率」が2倍になって表れてきます。分解してみるといろんなことがわかる\(^o^)/・・・というふうにするには?”意味ある数字”にしておくことが不可欠なのです(笑)。

数字を見るには「想像力(^o^)♪」も大切です。人間、興味のあることには想像力が働くものですが、興味がなくても?先に想像力を働かせる練習をすると→そのうち興味も湧いてくると思います(爆)m(_ _)m

« おせっかいレッスン(^_^;) | トップページ | スパイベルト(^o^)? »