フォト

リンク♪

無料ブログはココログ

« ドリフ世代(^_^;) | トップページ | 独り言(>_<) »

2012年8月17日 (金)

ニワトリが消しゴム(T_T)?

今日もずーーーっと教科書執筆です(^_^;)

農業簿記の世界では、「タマゴを産むためのニワトリ」は原則「固定資産」になります。製造業とかの「機械装置」と同じノリ(?)ってことです(^_^;)みかん畑の「みかんの樹」も、乳牛や種付用の牛も「固定資産」です(^_^;)

で、耐用年数表を見ると?「みかんの樹」が‘温州みかん’でなければ30年、「乳牛」や「種付用の牛」は4年であることがわかります(^_^;)生物の場合は残存価額が10%とは限らないことも注意が必要です(^_^;)

・・・・もっと注意が必要なのは(T_T)?「タマゴを産むニワトリ」は、短命なのと取得原価が比較的安い(!)ので、実務では消しゴムみたいな消耗品と同じように「たな卸資産」にするか?または初めから資産計上しないでニワトリにかかる費用をフツーに費用計上していくだけでも構わないそうです。「短命」というのが気になって調べてみると、ニワトリがタマゴを産む期間というのは1年もあるかないか?くらいなんだそうです。で、特にその後に長生きするということもなく一生を終えるみたいです(T_T)

・・・・たかが会計処理のハナシで泣くことではないですがm(_ _)m

« ドリフ世代(^_^;) | トップページ | 独り言(>_<) »