フォト

リンク♪

無料ブログはココログ

« 加湿空気洗浄機(^o^) | トップページ | 「大学で学ぶシリーズ」の新刊予定(^_^;) »

2013年2月27日 (水)

第133回日商簿記3級の難易度(^o^)?

先日実施された第133回日商簿記検定3級検定試験の難易度は、かなり易しいほうだったと思います(*^_^*)

合格することだけを考えたら、第1問と第3問と第5問の合計80点分の出題だけで十分に70点を狙える内容でした(^o^)第2問は時間がかかるし、ちゃんと飛ばして後回しに出来たかどうか?それが合否の分かれ目だったんじゃないでしょうか。。。

とりいそぎ、第2問だけカンタンに解説しておきますm(_ _)m

第2問は「1月始まりなのに?1ヶ月で決算仕訳?」という、ちょっと不自然なカンジの出題でしたが(^_^;)とにかく「日付順」に転記しろ!ということなので→日付を見ながら消し込んでいくカタチで解いていくしかないです(^_^;)

  • 7日・・・(借方)商品60,000/(貸方)買掛金60,000という仕訳を3分法に直したら?→(借方)仕入60,000/(貸方)買掛金60,000なので→仕入のT勘定に記入する。
  • 10日・・・商品のT勘定と商品売買益のT勘定の両方に出てくるので→まとめたら(借方)売掛金100,000/(貸方)売上100,000になります→売上のT勘定に記入する。
  • 12日・・・(借方)買掛金10,000/(貸方)仕入10,000の仕入返品仕訳です。
  • 16日・・・(借方)売上20,000/(貸方)売掛金20,000の売上返品仕訳です。
  • 18日・・・(借方)仕入90,000/(貸方)支払手形90,000のこと。
  • 20日・・・(借方)現金75,000/(貸方)売上75,000のこと。
  • 25日・・・(借方)受取手形25,000/(貸方)売上25,000のこと。

ここまで転記したら、あとは決算仕訳です(^o^)31日付で

  • (借方)仕入50,000/(貸方)繰越商品50,000・・・期首商品の金額
  • (借方)繰越商品45,000/(貸方)仕入45,000・・・月末商品の金額

この2行の決算仕訳(売上原価の計算)をそれぞれ転記します。仕上げは?

  • 繰越商品のT勘定は・・・「資産」なので→次月繰越とする(解答用紙に書いてあった?)
  • 仕入のT勘定は・・・「費用」なので→損益とする(次期繰越の代わりにこう書く)
  • 売上のT勘定は・・・「収益」なので→損益とする(同上)
  • 損益のT勘定は・・・損益計算書と同じ要領なので、借方が「仕入」で貸方が「売上」となります。金額は「損益」になった額を書く。

費用収益の場合、来年はまたゼロからカウントしないといけないので「次期繰越」とはしません。その代わりに「損益」と書きますが、それって実は仕訳で出来ていて

  • (借方)損益145,000/(貸方)仕入145,000
  • (借方)売上180,000/(貸方)損益180,000

という仕訳をT勘定に転記するカタチで「今年の終わり」としているのです(^o^)資産負債などの場合は「次期繰越」ですが、これは仕訳に基づいて書いているのではなく単にT勘定を締め切るために直接書き込んでいるだけです。

・・・というわけで試験も終わったことなので、一度じっくりとテキストを調べながら解いてみてくださいm(_ _)m

« 加湿空気洗浄機(^o^) | トップページ | 「大学で学ぶシリーズ」の新刊予定(^_^;) »