フォト

リンク♪

無料ブログはココログ

« 「支払運賃」の謎(^o^) | トップページ | 独り言(^_^;) »

2014年11月 9日 (日)

自由研究-喪中ハガキ編

喪中ハガキの印刷を頼まれました。

まだ私生活で喪中ハガキは一度も出したことがないので、まずはどういうパターンになっているのか研究(?)してみることにしました。チラシとかで文面をいろいろ調べてみると、次のように分類出来ることがわかりました(^o^)

  • 「年末年始のご挨拶」か?「年頭のご挨拶」か?・・・(何を遠慮するかの問題)
  • 「失礼させていただく」のか?「遠慮させていただく」のか?・・・(言い回しの問題)
  • 「枠あり」か?「枠なし」か?・・・(形式の問題)
  • 「黒インク」か?「薄墨」か?・・・(インク色の問題)

この4点について依頼主の希望を確認すればOKみたいです(たぶん)。チェック箇所が4点×各2パターンなので、2×2×2×2=合計16パターンです。これを記号に置き換えるとして・・・

  • M or T
  • s or e
  • w or N
  • B or G 

というわけで、確認してみると今回は「TsNB型」でした。ちなみに、印刷やさんに外注するときには「B」よりも「G」のほうが値段が高くなります。

以上、「喪中ハガキ」についての研究発表を終わりますm(_ _)m 

« 「支払運賃」の謎(^o^) | トップページ | 独り言(^_^;) »