フォト

リンク♪

無料ブログはココログ

« 寝言(-_-) | トップページ | 検定お疲れさまでした(^o^) »

2014年11月13日 (木)

総合原価計算の応用(^_^;)

日商2級の工業簿記だったら?総合原価計算の材料は「始点投入」がほとんどだと思います。たまに?「進捗に応じて」とか「終点投入」もあったかもしれません(^_^;)

お客さんが持ってた2級の予想問題で「定点投入」がありました。定点投入とは?

  • 「ある決まった時点で、いっきに投入する(^o^)」

というものです。1級だったらフツーに出題されますが、2級にしたら難しいほうだと思います。例えば「進捗50%でB材を投入する」という場合、

  • 月初仕掛品は何%だったか?・・・30%とかだったら、月初分にもこれからB材を入れることがわかります
  • 月末仕掛品は何%だったか?・・・80%とかだったら、もう月末分にもB材を入れてあります

この場合、B材の当月投入金額は「完成品(月初も含めてすべて)」と「月末分」にかかってるので按分しないといけません。もし月初の進捗が50%を超えてたら、完成品数量から月初分を引き算する必要が出てきます(^_^;)

材料がA材、B材・・・と複数出てくるケースでは、それぞれの材料の「投入のタイミング」が違うはずです。それぞれにハコを書いて、それぞれに計算しないといけません。

合格対策としては?まずは「始点投入」のフツーの問題をカンペキに解けるようになるのが先です。難しい問題は自信のある人だけチャレンジしましょう(^_^;)

« 寝言(-_-) | トップページ | 検定お疲れさまでした(^o^) »