フォト

リンク♪

無料ブログはココログ

« こんなところで?仲良し先輩後輩シリーズ(^o^) | トップページ | キョーレツ定率法(笑) »

2015年6月 7日 (日)

正味実現可能価額vs再調達原価

今日のレッスンで出てきたハナシです(^o^)

「原価と時価を比べて低い方を・・・」みたいなときに、「時価」っていうのは2つの考え方があります。

  1. 正味実現可能価額・・・売ったらいくら儲かるか?
  2. 再調達原価・・・今買ったらいくらか?

日常生活に例えると、自分が持ってるモノの「時価」はいくらなのか(^_^;)?

  1. 正味実現可能価額・・・フリマで出品して、いくら儲かったか?(売れた値段-諸経費)
  2. 再調達原価・・・もう一回、同じモノを今買うといくらなのか?を調べる

どう考えても(-_-)?「再調達原価」のほうがカンタンなのは間違いありません(笑)。

両者の違いは、「売り手」として考えるか?「買い手」として考えるか?です。ベンキョーの言葉になると→「購入市場で」とか「販売市場で」となるかもですが、両者はちゃんと区別出来ないといけません。

名前は仰々しいですが、結局は?

  • 再調達=再度調達する=もう一回買うとしたら(^o^)?

ってことです(笑)m(_ _)m

« こんなところで?仲良し先輩後輩シリーズ(^o^) | トップページ | キョーレツ定率法(笑) »