フォト

リンク♪

無料ブログはココログ

« 新刊1000円+税で(^o^)♪ | トップページ | デパートで(>_<) »

2015年7月30日 (木)

福利費と厚生費(^_^;)?

ある日のレッスン(^o^)

  • (工業簿記1級で、材労経に集計していくやつ)
  • 「工員に対する福利費は、労務費に入れます(^o^)」
  • 「はい(^o^)」「間接労務費ですね(^o^)」
  • 「うんうん(^o^)」
  • 「訓練費(^_^;)?」「訓練費は経費ですか(^_^;)?」
  • 「そうそう(^o^)」「訓練費は間接経費です(^o^)」
  • 「間接経費(^_^;)?」「そうか(^_^;)」「間接経費かぁ(^_^;)」

ワタシもこの手の問題は苦手ですが、細々とした項目を直材・間材・直労・間労・直経・間経に分類するのはとっても重要な問題です。加えて?商業簿記の世界で処理すべき、販一・営外・特損に分類するものも正確に出来なければいけません(^_^;)

  • 「そうそう(^o^)」「外注加工賃と特許権使用料は直接経費っていうのは有名です(^o^)」「どちらも、どの製品のどの部分っていうのがハッキリするから直接経費になります(^o^)」
  • 「へぇ~(^o^)」「なるほど(^o^)」
  • 「福利費も、法定福利費って書いてあったらカンタンなんですけど(^o^)」「福利費っていうのは労務費に入ります(^o^)」
  • 「じゃあ厚生費も(^o^)?」
  • 「厚生費は経費です(^o^)」
  • 「へっ(^_^;)?」「何でですか(^_^;)?」
  • 「厚生費とか訓練費とかは、それがいくらであっても製品の出来高に影響がないから(^o^)」「ゼロでも死なないから(^o^)」←(あんまり説明になってない??)笑

今思えば?「福利費=誰のためにいくらか?がわかる」「厚生費や訓練費=みんなのため」っていう区別だと説明したほうが良かったかもしれません(^_^;) だからと言って?法定福利費が(誰の分かがわかる)直接労務費になるわけではありません(間接労務費です)。

あと、賃金のハナシで間違えやすいのが

  • 手待時間(アイドルタイム)・・・間接労務費
  • 段取時間(セットアップタイム)・・・直接労務費

という点です。フツーは「直接工の直接作業時間」だけが仕掛品になりますが、その直接作業時間という中にセットアップの時間は含まれるということです。セットアップっていうか段取時間というのは「どの製品のためのセットアップか?」がわかるはず。逆に?手待時間は「どの製品のため?」はなかなか決められません(^_^;)

シマダ簿記教室がもしも製造業だとしたら?今、この記事を書いている時間は「間接労務費」です(笑)。

m(_ _)m

« 新刊1000円+税で(^o^)♪ | トップページ | デパートで(>_<) »