フォト

リンク♪

無料ブログはココログ

« 「簿記論Ⅲ」採点講評(^_^;) | トップページ | 【続】うそつき出席カード(^_^;) »

2015年8月 6日 (木)

「会計学」採点講評(^_^;)

ガッコの定期試験「会計学」の採点講評です(^_^;)

【第1問】用語にふりがなを付ける問題。「相殺」=「そうさい」とか「目論見書」=「もくろみしょ」とかで誤答がありましたが、概ね良く出来ていました。

【第2問】用語を漢字に直す問題。「意思決定」のところで「意志」の誤答が目立ちました。授業で何度も説明しています(-_-) 「非支配株主」が「被支配」になってる答案もかなりありました。「保守主義」も何でか?「保守守義」とか「保主主義」とか(^_^;) 「公正妥当」も面白い誤答がいっぱいありました。「構成」「打倒」とか(笑)。

【第3問】(1)利害関係者 (2)ステークホルダー が正解です。ほとんどの子が書けていました(^o^)

【第4問】会計公準の名称、①企業実体の公準 ②継続企業の公準 ③貨幣的測定の公準・・・・と、「ゴーイングコンサーン」が正解です。「貨幣」とか「測定」の誤字が意外と多かったです。「幣」と「弊」は違うし、「測」と「側」は違います(^_^;)

【第5問】企業会計原則について。(1)1949年(昭和24年)は完全解答にしています。ほとんどの子が書けていましたが、中には?1949年(昭和29年)みたいなものもありました。(2)は①一般原則 ②損益計算書原則 ③貸借対照表原則・・・の順番通りでないといけません。最高規範とされているのは「真実性の原則」です。何でか?「重要性の原則」の誤答が多かったです。

【第6問】将来の期間に影響する特定の費用について。(1)繰延資産 (2)費用収益対応の原則 (3)費用配分の原則・・・が正解です。「繰越資産」とか「操越資産」とか「繰上資産」とか、新しい学説がいっぱいです(^_^;) ワークブックの問題そのままなのに(^_^;)

【第7問】税法の販売基準について。ここは正解率が低かったです。ただ、条文の中に「法人が・・・」という言い方をしているので「法人税法」だと気づいてほしいところ。

【第8問】「工事契約に関する会計基準」について。これは「出す(^o^)」って言ってたやん!!クッキリと点差がついたところです。工事進行基準の長所と短所については「ウ」と「イ」が正解です。年度のバランスは良くなりますが、保守的ではありません(^_^;)

【第9問】「棚卸資産の評価に関する会計基準」について。(1)「取得原価=購入代価+付随費用」は授業でもメチャメチャ強調してたのに(^_^;) 「購入代価」なのに「購入原価」とか「購入費用」とかいろんな誤答がありました。「付随費用」は比較的書けていました。この基準が出来てから廃止されたのは「後入先出法」で、税法上認められているのは「最終仕入原価法」です。

【第10問】「財務会計の概念フレームワーク」について。(1)「投資のポジション」とその成果を「測定」して開示します。投資のポジションに近い意味としては「財政状態」が正解でしたが、「漢字で」という指示があったにもかかわらず「ストック」と書いてる答案も多かったです。(3)は貸借対照表、(4)は損益計算書 が正解です。損益計算「表」になってる誤答も目立ちました。授業で何回出てきてんねん!!というカンジです(-_-)

【第11問】「金融商品に関する会計基準」について。有価証券を保有目的に分類すると?①売買目的有価証券 ②満期保有目的債券 ③子会社・関連会社株式 ④その他有価証券・・・・です。②で「債券」のところを「債権」と書いてる子が多かったです。デリバティブ取引の種類を4つ挙げるところは、①先物 ②先渡 ③オプション ④スワップ が正解です。ところで「後物取引」って何(-_-)??(3)が2つとも書けてた子は1人しかいなかったです。①ローン・パーティシペーションと②デット・アサンプションでした。「デフレ・スパイラル」は会計学ではありません(^_^;)

というわけで、会計学も49点以下の子は平常点が満点でも合格点に達しないので、また来年いっしょにベンキョーしましょう(^o^)

« 「簿記論Ⅲ」採点講評(^_^;) | トップページ | 【続】うそつき出席カード(^_^;) »