フォト

リンク♪

無料ブログはココログ

« ある日の講師控室(^_^;) | トップページ | まさかのユニットバス(>_<) »

2015年10月 4日 (日)

ある日のレッスン(^o^)?

ある日のレッスン(^o^)

  • 「センセイ(^_^;)」「実は・・・(^_^;)」
  • 「へっ(^o^)?」「何なに(^o^)?」
  • 「実は私、エックスとかの方程式なんてやり方すっかり忘れました(>_<)」「わぉ(>_<)」「言っちゃった(>_<)」
  • 「あはは(^o^)」「みんなそうですよ(^o^)」「少なくともシマダ簿記のお客さんは、よくあるハナシかも(^o^)」
  • 「えっ(*^_^*)」「そうなんですか(*^_^*)?」
  • 「うんうん(^o^)」「方程式が解けないくらじゃ、全然驚かないし(^o^)」「もし、掛け算の九九が怪しかったとしても?それはそれで電卓もあるし(^o^)」
  • 「そうですか(*^_^*)」「安心しました(*^_^*)」「私だけじゃないんですね(*^_^*)」

ぶっちゃけ?これくらいのことでイチイチ驚いてたら、簿記教室なんてやってられません(笑)。簿記は数字を使うので「数学」が出来ないとアカンと心配している人も多いですが、実際には「国語力」というか「読解力」のほうが大いに必要です(^o^)

中学の方程式とか、高校の微分・積分とか、学校で習ってた当時は「そんなん何に使うねん??」と思った人が大半だと思うし、社会に出てからでも「知らないから困る」という場面はほとんどないと思います。けど、それは「知らない人」がそう思うだけで?実際には方程式も便利だし、微分・積分もいろんな場面で応用されています。「知ってる人」ががんばってくれてる・・・ということです(*^_^*)

月並みな言い方ですが、何でも「知ってる」ほうが世界は広がるはず。簿記のベンキョーをしていると、意外と?「数学」とか「英語」に目覚めたりします(ホントに)。そして、そのうち?ベンキョーそのものが楽しくなります\(^o^)/(たぶん)笑

というわけで、これからもお客さんとともに歩みますm(_ _)m (何のこっちゃ?)

« ある日の講師控室(^_^;) | トップページ | まさかのユニットバス(>_<) »