フォト

リンク♪

無料ブログはココログ

« 日商2級追い込み中(^_^;) | トップページ | 土用のナマズ(^_^;)? »

2017年5月27日 (土)

仕損の処分価値(^_^;)?

日商2級追い込みレッスンの続き(^o^)

  • 「センセイ(^o^)」「正常仕損の処分価値は主に材料の価値である・・・って、それがどうしたんですか(^o^)?」
  • 「失敗したやつを買ってくれるお客さんがいるから、お金もらえる分だけ材料代が節約になるねんて(^o^)」
  • 「へぇ~(^o^)」「じゃあ、今月の材料代からマイナスしたらええんですね(^o^)」
  • 「うんうん(^o^)」「マイナスしたら月末仕掛品がいくら安くなるか計算するねん(^o^)」
  • 「わかりました(^o^)」

今日の問題では、①仕損の評価額がゼロのときと、②評価額30,000円のとき・・・の2パターンの「完成品原価」を計算するハナシでした。①が出来てるなら、その結果を利用して②をパパッと計算出来たらラクですね(^o^)

  • 当月材料費から30,000円をマイナスして→月末仕掛品がいくらになったか?仮に5,000円安くなったのなら、残りは「完成品」が安くなるに決まってます。
  • ①で計算した完成品原価から25,000円をマイナスしたらOK!

フツーだったら?もう1回ハコ書いて→月末と完成を計算して→それに加工費の完成分を足して計算・・・でしょうけど、元々「仕損品を売ったら30,000円もらえる♪」というハナシを月末仕掛品と完成品が二人で山分けするだけのことです。月末仕掛品が5,000円と決まれば、完成品は25,000円というわけです\(^o^)/

この計算方法は1級になってから習う「非度外視法」と同じです。非度外視法では「失敗にかかったおカネ」を月末仕掛品と完成品の2人でワリカンです。失敗代がいくらか決まればアタマ割するだけなので、ある意味「度外視法」よりもカンタンかもしれません。

受験生は、この追い込み時期はいろいろと不安になるでしょう(^_^;) でも「自分が苦手なところはどこか?」というのがちゃんとリストアップ出来るなら、たぶんアナタは既に「合格レベル」に達しています(笑)。試験本番までに1つでも苦手を解消出来たら十分です。一番危ないのは「何とかなるかも(^o^)」というタイプ。ワタシの経験から言わせてもらえば?試験当日だけ奇跡が起こる・・・ことはありません。何ともなりません(笑)。

というわけで、何とかしたい人は1日も早く連絡ください(笑)。

« 日商2級追い込み中(^_^;) | トップページ | 土用のナマズ(^_^;)? »