フォト

リンク♪

無料ブログはココログ

« 引っ越しが多い簿記教室-その2 | トップページ | 冬支度(^_^;) »

2017年10月24日 (火)

みずいねうりあげだか(^_^;)

ある日のレッスン。今回も「農業簿記」です(^o^)

  • (「水稲売上高」という科目が…)
  • 「センセイ(^_^;)」「これって、すいいね(^_^;)?」「みずいね(^_^;)?」
  • 「これ、すいとうって読むらしいです(^_^;)」「ワタシも知らんかったから調べました(^_^;)」
  • 「す、すいとう(^o^)?」「水筒みたいですね(^o^)」「あはは(^o^)」←(関西人)w
  • 「他には(^o^)?」
  • 「へっ(^_^;)?」

簿記教室のセンセイ的には「出納」ですが、それはさておき?「水稲」ってことは「水で育つ」って意味だろうし、ワタシも関西人として「水じゃなかったら何で育つねん??」とツッコミたいところ。農業自体、全然知らなさすぎですm(_ _)m

後で調べたら、「水稲」と「陸稲」というのがあるらしいです。畑で育つ種類もあるんでしょうか??どなたかご存じなら教えてください。とりあえず、試験勉強としては「お米=水稲」みたいです。

これを調べてたときに、「早稲(わせ)」「中稲(なかて)」「晩稲(おくて)」という言葉も出てきました。いつ収穫出来るようになるか?イネが成熟する時期によって、こういう呼び方があるのだそうです。

「田んぼ」にも、「田圃」という立派な(?)漢字があります。この「□に甫」は、「圃場(ほじょう)」の読み方を調べてたときに出てきた字ですね。圃圃圃…だんだんと圃が漢字に見えなくなってきました(^_^;)

そのうち?農業簿記だけで本が1冊書けるようにがんばります(^_^;)

« 引っ越しが多い簿記教室-その2 | トップページ | 冬支度(^_^;) »