フォト

リンク♪

無料ブログはココログ

2018年12月 2日 (日)

レベニューマネジメントの補足(^o^)

ガッコの授業でもベンキョーした「レベニューマネジメント」のハナシです。今日は自称構造屋さんにもチャレンジしてもらいました(^o^)

このプリントは、『数字でとらえるホスピタリティ 会計&ファイナンス』長谷川惠一・吉岡勉 著 徳江順一郎 編著(ISBN978-4-382-05707-4)のP59-64にある練習問題を元にして作成しています。


「201812011.pdf」をダウンロード


これにもう1枚、補足させてください。プリントの一番最後の問題で、答が600万になるやつです。レッスンのときには「これホントは積分で計算するんですよ(^o^)」って言ってたとこです。積分でもホントに出るので式を書いておきましたm(_ _)m

「201812012.pdf」をダウンロード

結局?キリのいい数字で出題されたらグラフから数値が読み取れるのでラクですが、そうでない場合には三角形の面積では難しいはず。定積分の計算が思い出せたらこちらも練習してみてくださいm(_ _)m

2018年11月26日 (月)

第150回日商簿記検定3級解説(^o^)

11/18(日)に実施された日商簿記検定3級を解いてみました(^o^)

今回はカンタンだったと思います。もし今回ダメだった人は、明らかにベンキョー不足です。焦らす基礎固めに時間を割いたほうがええはずです。

【第1問】仕訳問題

  • (2)は「仕入勘定において算定された」と書いてあるので迷わず(借)損益/(貸)仕入…でしたが、もし「売上原価勘定において…」だったら貸方は「売上原価」になるし、どちらも書いてなくて「選べる勘定科目」を見て判断するパターンも今後はあると思います。
  • (3)は最初に「帳簿<実際」って書いてあったので、「実際が多い」→「実際に合わせて帳簿を増やす」→(借)現金/(貸)現金過不足…という思考回路?で元の仕訳を考えます。その「現金過不足」を今回の仕訳で消さないといけないから借方に現金過不足となっています。
【第2問】補助簿の問題
  • 仕入や売上があったら商品が動くので「商品有高帳」も必要です。
  • 問2は「純」売上高なので、22日の売上返品も忘れずに計算します。
  • 箱根商店のスタートは売掛全体の387,000から東京商店のスタート230,000を引き算して求めます。
 
【第3問】残高試算表の作成
 
  • 与えられた資料が「日付順」ではなくて「科目別」なので、これをそのまま利用すれば少なくとも「現金」「普通預金」「売上」「仕入」の4つはスグに答が出せるはず。例えば「現金」だったら、スタートの437,000にデータ上の数字を+-するだけ。最初にデータの数字の横に+-を書いておけば良いです。+300,000 +200,000 +3,000 -110,000 -180,000 になりますね。仕訳じゃなくて国語的(?)に+-は決められます。
  • 上記4科目が終わったら、「売掛金」「買掛金」を。その後「前払金」。とにかく商品売買に関連した科目を仕上げることが重要です。
  • その後は問題文でカッコ書きになっているところ。所得税預り金とか借入金の利息とか代金翌月払いとか。それに関わる科目に配点がくる可能性が高いです。
  • 全部仕上げようと思わなくても、ここまで出来れば30点のうち24点くらいはゲット出来ます。タテ計を合わせるヒマがあれば次の問題へ!
【問題4】伝票問題
 
  • (2)は発送費を「掛代金に含める」と明記されているので「売掛金」です。
【問題5】精算表作成

  • ここは満点狙いたいです(^o^) 特に難しいところはないはず
よく「何番から解いたらいいですか(^o^)?」と聞かれますが、大切なことは最初にちゃんと「すべての設問に目を通すこと」です。「はい!はじめ!」と言われてすぐに解き始める人が多いですが、少なくとも最初の5分くらいは作戦タイムで構わないです。その日の出題でどこが山場になるのか?とか自分にとっての難易度はどうか?とか、場合によっては「捨て問」を決めるとか…。

ワタシだったら3級なら、第1問→第5問→(第2問と第4問はカンタンなら解く)→残り時間で第3問ってカンジでしょうか。

ほんの一部の人たちを除き、簿記検定の独学は難しいし非効率だと思います。いろんな講座とかスクールがあるので「習ってみる」という方法も検討してみてください。…で、シマダ簿記教室を選んでいただけるとうれぴいです(*^_^*) ←宣伝❤

2018年8月18日 (土)

ある日のレッスン(^_^;)

最近、経済学に興味を持ち始めたお客さんとの会話(^o^)

  • 「センセイ(^_^;)」「経済学で出てくる再分配って、ちょっと不思議なんです(^_^;)」
  • 「へっ(^o^)?」「何で(^o^)?」
  • 「素朴な疑問として、何で分配しないといけないのかな…って(^_^;)」
  • 「ああ(^_^;)」「それな(^_^;)」「ワタシも最初はそう思ったわ(^_^;)」
富める者が貧しい者に…ってカンジのハナシですが、今なら「社会全体の利益」のためには再分配は必要だ!とホントにそう思います。詳しいことは、またの機会に。
  • 「それな(^o^)」「社会全体の利益を考えたら、再分配は必要やねん(^o^)」
  • 「・・・・・・(^_^;)(^_^;)(^_^;)?」
  • 「みんなが自分のことばっかり考えてたらアカンねん(^o^)」「格差が広がったら社会の安全も揺らぐねんで(^o^)」
  • 「・・・・・・そうなんですね(^_^;)」
  • 「社会全体がなっ、『チーム人間』やねん(^o^)」「『チーム人間』でどうしたらええのか?を考えていくのが社会科学のキホンやねん(^o^)」
  • 「ち、ちーむにんげん…(^_^;)?」
  • 「そうそう(^o^)」「チーム人間(^o^)」
  • 「わ、わかりました(^_^;)」「これからはチーム人間の一員としてがんばります(^_^;)」
  • 「ステキ(^o^)♪」「ワタシもがんばるから、がんばって(^o^)」
・・・・・・(何のこっちゃ??)笑

2018年3月19日 (月)

人生相談(^_^;)?

ある日のレッスン(^o^)

  • 「センセイ(^_^;)」「最近、自宅にカメラをつけようと思ってるんです(^_^;)」
  • 「ああ(^o^)」「あの、見守りなんとかっていうやつやんなぁ(^o^)」「わかるわぁ(^o^)」「お母ちゃん一人で家に残してたら心配やもんなぁ(^o^)」
  • 「そうなんですよ(^_^;)」「最近はホントに年取ったなぁと思って(^_^;)」「転んでケガでもしたらどうしようとか心配で心配で(^_^;)」

どこのお家も?親が年取ってくると心配事は同じです。ワタシとしてはお客さんたちからいろいろと教えてもらえるので、将来の「心の備え」が出来てありがたいです。

  • 「骨折だけはしてほしくないよなぁ(^_^;)」「わかるわぁ(^_^;)」
  • 「そうなんですよ(^_^;)」「けど、家の中なんて段差だらけで危ないし(^_^;)」
  • 「それそれ(^o^)」「お母ちゃんが何かしようとしたら、見てるこっちは家の中でサーカス見てるようなもんやしなぁ(^o^)」「もうドッキドキやろ(^o^)?」
  • 「ホントに(^_^;)」「毎日スリル満点ですよ(^_^;)」

介護問題はホントに切実です(^_^;) せっかくスキルアップとかで簿記教室に通っていても?親の介護を抱えている人には「自分の時間」なんてありません。これをどうやって解決するか(せめてマシにするか)も、これからお客さんと一緒に考えていかないといけません。

  • 「センセイ(^_^;)」「ホントに時間がありません(^_^;)」
  • 「そやな(^_^;)」「目の前のことで精一杯やもんな(^_^;)」
  • 「家にカメラつけたらマシになると思いますか(T_T)?」
  • 「うーん(^_^;)」「ますます目が離せへんようになって、会社どころじゃなくなると思う(^_^;)」
  • 「・・・・・・(T_T)」
  • 「で、そのうち会社も辞めて24時間介護になって、自分の時間はトイレにいるときだけ…ってなると思う(^_^;)」
  • 「・・・・・・(T_T)(T_T)(T_T)」
  • 「で、トイレに入っても一瞬のスキでサーカスが始まるねん(^_^;)」「それがまだまだ何十年も続くと思う(^_^;)」
  • 「・・・・・・(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)」
  • 「だから、今のうちに手を打っておかなアカンことはいっぱいあるんちゃうかな(^_^;)?」「一人で抱え込まんと、みんな集めて家族会議しなアカンな(^_^;)」
  • 「そうですね(T_T)」「まだみんなで話せるうちに(T_T)」「わかりました(T_T)」「そうします(T_T)」

こんなカンジで「自分のことは後回し」になりがちなお客さんは、とにかく今は通ってもらえば良しとします(^_^;)

(次回に続く)

2018年1月15日 (月)

ある日のレッスン(^o^)

中1数学の計算ドリルの続き…(^o^)

  • (円錐の表面積と体積を求めなさい)
  • 「センセイ(^_^;)」「テキストには公式が載ってました(^_^;)」「V=sh とか(^_^;)」
  • 「ああ(^o^)」「sってスクエアやから面積で、hはハイトって高さやねん(^o^)」
  • 「はい(^_^;)」「これが四角柱とか円柱とかの体積ですね(^_^;)」
  • 「うんうん(^o^)」「それが柱じゃなくて錐になったら、細くなるから×1/3するねん(^o^)」

ところで…円錐(すい)の表面積を計算するには、「底部分」である円の面積(πr2乗)と「カサ部分」の面積(扇形になるはず)を足し算することになります。その扇形の角度が何度になるか?は、底部分の半径とカサの長さで決まります(^o^)

  • 「ええと(^_^;)」「円の面積は…(^_^;)」
  • 「ああ(^o^)」「それわかるわ(^o^)」「2πrやったっけ?とか、πr2乗やったっけ?ってなるもんね(^o^)」
  • 「そうなんですよ(^_^;)」
  • 「2乗になってるほうが面積やねん(^o^)」「タテ×横で、2回掛け算やねん(^o^)」←(?)
  • 「そうなんですね(^o^)」「じゃあπr2乗が面積ですね(^o^)」
  • 「うんうん(^o^)」「で、カサの面積は扇形っていうか、大きい円に切れ込みを入れて→フチの長さを円底に合わせなアカンねん(^o^)」「切れ込んだ後の円周が、底の円周と同じになるから、くっつけたら円錐になるねん(^o^)」
  • 「ああ(^o^)」「そうですね(^o^)」「扇形を丸めてカサにして、円底でフタするカンジですね(^o^)」

そうそう!そうです(^o^)♪で、計算ドリルの解説には、360°×「(切れ込む前の)カサの2πr」と「円底の2πr」の割合…って書いてました。割合のところは確か、

  • 分子…円底の2πr
  • 分母…(切れ込む前の)カサの2πr

rは半径なので、それぞれ具体的な数字が入ります。ですが、2πの部分は約分出来るので結局は「円底の半径」と「扇の半径」の割合で、切れ込んだ後の扇角度は決まります。問題文に円錐のイラストが書いてあったとしたら、円底の半径と「カサのナナメ線」との割合です。

お客さんが、中学数学とか高校数学とかをベンキョーしてくれるのはホントにありがたいです。ワタシも普段使ってるのと違うところの脳みそが使えてメチャメチャ「アタマの体操」になります。

また次回をお楽しみに(*^_^*)

2017年12月25日 (月)

大人のクリスマスイブ(^o^)?

クリスマスイブ…とは言え?大人の簿記教室では、ただの「年の瀬の日曜日」ってカンジでした(笑)。

  • (ピンポーン♪)
  • 「いらっしゃーい(^o^)」「外はクリスマスってカンジだった(^o^)?」
  • 「ああ(^o^)」「そういえば今日はクリスマスですね(^o^)」「ええと(^o^)」「イブが今日でしたっけ(^o^)?」
  • 「うんうん(^o^)」「若い人たちは忙しかったらいいですね(^o^)」
  • 「ホントですね(^o^)」「私はそれよりも…(^o^)」←(有馬記念?)笑

レッスン終わったら急いで帰っていきました。やっぱり(笑)。

2017年12月23日 (土)

FASS検定短期集中レッスンの結果(^_^;)?

FASS検定短期集中レッスンの結果は、スコア20点アップだったそうです。

  • 「センセイ、スミマセン(^_^;)」「私、もっと良い点数取れると思ってました(^_^;)」「解いてる間は前回に比べて手応えはあったんですけど(^_^;)」
  • 「それならええんちゃう(^o^)」「こういう試験ってベ゙ンキョーした人が迷うように作問してるんやし、落とし穴にハマるようになったんやったら一歩前進やん(^o^)」
  • 「そうですか(^_^;)」「思ったよりもスコア低かったから、画面に結果が出たときに思わずリセットボタンを探しましたよ(^_^;)」
  • 「集中レッスンの最終日に暗記カードで10問ずつミニテストやったやん(^o^)?」「あれをこの先、どれだけ出来るか?ってことやわ(^o^)」
  • 「そうですね(^_^;)」「これからも暗記カードのミニテストはやらせてください(^_^;)」「Aランク取れるまで受験しますから(^_^;)」「次はゼッタイ良い点取ります(^_^;)」

そんなカンジで、まあ劇的にスコアアップというわけにはいきませんでしたが…。ヤル気に火が付くのが一番です(^o^) 悔しい気持ちをバネに、また今日からがんばればいいだけのことです♪

年末年始はちょっと休んで、また来年からも二人三脚でがんばりましょう\(^o^)/

2017年12月21日 (木)

【FASS検定】短期集中レッスン記録-⑨⑩⑪

実況がなかなか追いつかなくてスミマセン(^_^;)

月・火・水と、会社帰りに1コマずつ集中レッスンを進めてきました。あとは今日の夜に最後の総仕上げ→明日のお昼にFASS受験…という段取りです。

月曜と火曜で公式学習ガイドの「資金分野の前半」と「税務分野すべて」をこなしてもらいました。税効果会計とか連結納税とかは実務でもある程度たずさわってるそうですが、やっぱりちょっと難しいみたいです。

  • 「センセイ(^_^;)」「『リスクに対するコントロール』っていう言葉がよく出てくるんですけど、読んでたら段々と何のことがわからなくなります(^_^;)」
  • 「そんなんどうでもええねん(^_^;)」「『~のリスクに対するコントロールについて』って書いてあったら、『~のハナシについて』って読み替えたらええねん(^_^;)」
  • 「そんなのでいいんですか(^_^;)?」「それなら読めます(^_^;)」
  • 「問題文なんてそんなに真剣に読まんでええから(^_^;)」「要は4択の中で仲間はずれを探すだけやんか(^_^;)」
  • 「そ、そう言われたらそうなんですけど(^_^;)」
  • 「知らんハナシが出てきたら、選択肢の言葉尻だけ読むねん(^_^;)」「~出来ない、~出来ない、~出来ない、~である…ってなってたら、最後の~であるがきっと答やって(^_^;)」
  • 「そ、そうなんですか(*^_^*)?」「じゃあ、これからそうやって決めます(*^_^*)」

それで100%は無理としても、問題を作るほうの苦労を考えたら(笑)?試験によって「ダミー選択肢の作成パターン」というのはあるはずです。FASS検定の場合は1つひとつの選択肢の文章が長いほど、正解自体はあっけなく「言葉尻」で決まるような気がします。

今回はデリバティブ・外貨などはパスしました。消費税も具体的な税額計算はまたの機会にやります。すぐには点数に反映しないかもですが、集中レッスンの手応え自体は十分です\(^o^)/

昨日からは、もう新しい分野へはいかずに解答のトレーニング中です。瞬時に問題のレベル(自分に解けるのか?解けないのか?)を判断し→解けるならじっくり読んで、解けないレベルなら言葉尻で決める…の練習です。暗記カードを使って、出来るだけバラバラの分野とバラバラのレベルから選んでテストしてもらっています。

どうなることやら?乞うご期待ですm(_ _)m

2017年12月19日 (火)

【FASS検定】短期集中レッスン記録-⑦⑧

日曜日は2コマ続きでがんばりました。いよいよ今週の金曜日にFASS検定を受けるそうで、明日から月火水木は4夜連続で追い込みをします。その前の、じっくりと時間をかけてベンキョー出来るのはこれが最後のチャンスだったと思います(^o^)

結局?終わってみれば、資産分野の89問はのべ3コマかかりました。ちょうどお客さんが実務で担当しているハナシとリンクしすぎてたので、自分の中で「実務との置き換え」に時間がかかったんだと思います。深い理解がスコアアップに繋がるといいなぁ…と祈りますm(_ _)m

  • 「割引前将来キャッシュフローは、それで1つの言葉やねん(^o^)」
  • 「長いですね(^_^;)」
  • 「分けるとしたら?割引(計算)する前の、今じゃなくて将来の、お金の出入りってカンジかな(^o^)」「割引計算はお金の価値に時間を考慮するかどうか?やねんけど、そんなことより『何かの計算』でええんちゃう(^o^)?」
  • 「何かの計算…(^_^;)?」
  • 「何かの計算をする前の、将来のキャッシュフローやねん(^o^)」「割引って、ボキのハナシやったらオマケしてもらうって意味ではないことは確かやし(^o^)」
  • 「わかりました(^_^;)」「何かの計算をする前の…って覚えます(^_^;)」

資産分野の後半は、「リース取引」と「ソフトウエア」が出てきます。リースについては①ファイナンス・リースの所有権移転するやつ②ファイナンス・リースの所有権移転ナシ③オペレーティング・リースの3つが区別出来るかどうか?、ソフトウエアについては①販売目的②自社利用目的③受注生産のそれぞれが理解出来ているか?が論点です。実務でこれらに携わっていない場合は難しいかもですが、論点は「これだけ」です(^o^)

平日夜のレッスンは会社帰りでお疲れでしょうから、土日のレッスンほどは進まないと思います。ただ、「レッスンに行かなくちゃ~!」と朝から思ってると仕事もテキパキせざるを得ないし、とにかくここに来てくれさえすれば?あとはワタシが何とかします(笑)。

この集中レッスンもあと4コマ。ラストスパートがんばりましょう\(^o^)/

2017年12月17日 (日)

【FASS検定】短期集中レッスン記録-⑥

資産分野の続きです。今日は「圧縮記帳」とか「減損」とかが出てきたので難しかったみたいです(^_^;) 問題数ではちょうど10問解いたカンジです。

  • 「圧縮記帳ってな(^o^)」「資産の値段を圧縮すんねん(^o^)」「ホントの値段より圧縮して安くすんねん(^o^)」
  • 「今の問題だったら?50万円が国庫補助金なので、200万円を150万円にするってことですか(^_^;)?」
  • 「そうそう(^o^)」「そんなカンジ(^o^)」
  • 「圧縮したら、何なんですか(^_^;)??」
  • 「補助金をもらって得した分は、そのまま放置したら税金がかかるから(^o^)」「同じ金額だけ圧縮損っていう費用を仕訳すんねん(^o^)」「そしたら帳面上は補助金もらった分がチャラになるから税金がかからへんねん(^o^)」
  • 「いいんですか(^_^;)?」「そんなこと…(^_^;)」
  • 「ええねん、ええねん(^o^)」「別に、丸ごと税金をタダにしてあげるわけでもないし(^o^)」
  • 「(^_^;)(^_^;)(^_^;)?」

圧縮記帳は、よくベンキョーの言葉では「課税の繰延効果」と説明されてます。補助金をもらって建物とかの資産を買ったら、建物そのものは高かったかもしれませんが自分で払った金額はその一部だけ。圧縮記帳とは「自分が払った分」を建物とするので、本来の建物の金額に比べて減価償却費も「圧縮(≒小さくなる)」されてしまいます。毎年費用にする減価償却費が少ないってことは?それだけ税金は多めに払うことになるし、それが耐用年数の期間ずーっと続きます。結果的には「補助金に税金を払ったのと同じ」になり、強いて言えば?税金が分割払いになったようなカンジなので資金繰りはラクになる…のが「課税の繰延効果」の意味です。

知らない問題が出てくると理解するのに時間がかかるし、焦るかもしれません。でも?理解してしまえばこっちのものだし、もともと薄っぺらな暗記だけでいいスコアが取れる試験でもないはず。ベンキョーすればいろんなことが繋がってくるのでコツコツがんばりましょう\(^o^)/

より以前の記事一覧