フォト

リンク♪

無料ブログはココログ

2017年12月 7日 (木)

アンケート結果(^o^)

マークシートの集計がまだ出来てないので、おわびにこれをアップしておきますm(_ _)m

Page001_3

2017年11月17日 (金)

西向くワンワン(*^_^*)

今日はガッコの授業で、学生さんにいいことを教わりました(*^_^*)

  • (ワークブックの点検中)
  • 「あれっ(^_^;)?」「西向くワンワンって何(^_^;)?」
  • 「西向くサムライ(小の月を覚えるやつ)のことです(^o^)」「ウチの弟の世代では、『西向くワンワン』って習ってるそうです(^o^)」「カワイイですよね(^o^)」
  • 「へぇ~(^o^)」「ワンワンって…(^o^)」「11月やし、ワンワンでええんかぁ(^o^)」「なるほど(^o^)」

「西向くワンワン」何かメッチャ気に入りました(笑)。時代は変わりますね~(^o^)

あと、「小の月」「大の月」を覚えるための新しい学説(?)もありました。

  • 上半期(1~7月)・・・奇数月が「大の月」
  • 下半期(8~12月)・・・偶数月が「大の月」

本人曰く「7月を上半期に入れてもええのか?っていうのはありますが、今までこれで覚えてました(^o^)」とのこと。なるほど覚えやすいです♪

もう一つ、「2・4・6・9・11」を覚えるために素因数分解(^_^;)?

  • 2月
  • 2×2=4月
  • 3×2=6月
  • 3×3=9月
  • 3×3+2=11月(…やったかな?)

って覚えてる子も(笑)。一瞬「へっ(^_^;)?」ってカンジですが、ワタシ的にはこの発想、メッチャ共感しますw

学生さんたち、「大の月=31日まで」とか「小の月=30日まで」って覚えてる子も意外と多くて心配です(^_^;) 2月30日はありません。2月は28日か29日まで。今はあんまり書類に日付を書き込むことはないかもですが、ぜひ社会人になるまでにはアタマに叩き込んでくださいm(_ _)m

今日はガッコの後に用事があって、昭和語(?)でいう「ベルサッサ」で帰ってきました。2限目終了が12:15なのに、ガッコ前12:25発のバスに乗車♪みなさんのご協力があっての結果です。ありがとうございましたm(_ _)m

2017年11月11日 (土)

みんなのホテル会計(^o^)

今週のガッコの授業は「ホテル会計」でした(^o^)

毎週、学生さんたちが宿題で書いてくれる「みんなで考えてみましょう\(^o^)/」のコーナーは、いろんな意見があって面白いです。これをチェックするのが毎週のお楽しみです♪

Q3 ホテルの稼働率を上げるにはどうしたらいいと思いますか(^o^)?支配人になったつもりで考えてください♪…のハナシでは、「値段を下げる」とか「リピーターを増やす」とか「優秀な人を雇う」とかが多かったです。それでええんですけど、「どんな風に値段を下げるのか?」「どうやってリピーターを増やすのか?」「どういう風な(優秀な)人を雇って、どんなことをしてもらうのか?」という、もう1歩踏み込んで書いてくれるとさらに良い意見になります。中には?「曜日によって料金設定を変える」「また泊まりたくなるように、飽きさせない工夫(内装や各種キャンペーンなど)が必要」とか「ポイントカードを導入する」とかいろいろ考えてくれてた子もいました(^o^)

Q4 ホテル業界では「婚礼売上が一番儲かる(*^_^*)」と言われています。その理由は何だと考えられますか?アナタの意見を述べてください♪…は、「たくさん人が集まるから」「一生に一度のことだから高くても払ってくれる人が多いから」「豪華な料理を出すから」という意見、さらにツッこんで「貸衣装や美容院などの宴会以外のところでも収益が上がるから」というのもありました。結婚式では前泊や後泊してくれることが多いのも理由の1つになると思います。「前もって人数が決まっているので(披露宴に関する)過剰な在庫を持つ必要がないから」との意見はなかなか唸りました。

ホテルで結婚式を挙げてくれるお客さんは、ホテルにとっては「結婚記念日」も把握してることになります。これはかなりおいしい情報のはず。参列者の人たちにも感動してもらえたら「ワタシもこんな素敵な披露宴がしたい♪」とか「うちの子が結婚するときもこんなステキな式を♪」とか思ってもらえるかもしれません。お金もらって見本市をやってるのと同じです。いろんな波及効果があるのだと思います。

ホテルの形態によって、そのビジネスモデルは違ってきます。ラブホとかトランジットホテルみたいに「時間貸」してたら回転率がモノを言うので「掃除を早くして回転を上げる」という意見もあるかもしれません。ビジネスホテルだったら本来は「出張者」がお客さんなので、団体の観光客を受け入れるのかどうかも慎重に考えないといけません。部屋ごとに内装を変えるとか、季節ごとに内装を変えるとか、それもあるかもしれませんが「コスパ」はどうなのか(-_-)?なかなか難しい問題です。

次回は「銀行業の会計」です。ちゃんとワークブックで予習して来てくださいねw

【11/10現在】ワークブック提出状況(^_^;)

ガッコの後期授業はもう8回終わりました\(^o^)/

【1限目クラス】

  • 提出0回・・・11人
  • 提出1回・・・・3人
  • 提出2回・・・・3人
  • 提出3回・・・・3人
  • 提出4回・・・・0人
  • 提出5回・・・・3人
  • 提出6回・・・・1人
  • 提出7回・・・・0人

何と!24人のうち半数近い11人が、まだ1度もワークブックを提出していません。まぁ、それぞれのご事情やお考えがあってのことなんでしょう(^_^;)

ちなみに「電卓トレ」の修了者は4名でした。次回は12/22にお待ちしてます。

【2限目クラス】

  • 提出0回・・・14人
  • 提出1回・・・・5人
  • 提出2回・・・・2人
  • 提出3回・・・・7人
  • 提出4回・・・13人
  • 提出5回・・・20人
  • 提出6回・・・22人
  • 提出7回・・・38人

1限目クラスとは真逆で?2限目クラスの提出率は驚異的です。ほぼ半数の60名が、デビュー後は毎週コツコツ仕上げて来てくれてます。「ボキ論」を担当するようになってから6年目ですが、こんなに提出率が高いのは初めてかも。素晴らしいです(*^_^*)

ちなみに今回の「電卓トレ」修了者は20名でした。

この授業はテキスト・ワークブック・電卓トレの「計3冊+電卓本体」が必要です。ちゃんと準備が出来てるか?をチェックしたことがありました。これはかなり平常点に影響しますので、まだチェックを受けていない子は必ず声をかけてくださいm(_ _)m

2017年10月13日 (金)

ワラビは林業or農業…の続き(^o^)

今週のガッコは「漁業・林業の簿記」でした(^o^)

ワークブックで「ワラビは林業か?農業か?」みたいな質問をしてました。学生さんたちの解答は真っ二つに。どちらかと言うと「農業派」のほうが多かったかもしれません。。結論的にはどっちでもいいっていうか、どう解釈するか?だと思います。「実は工業簿記」みたいな大胆な解答もありました。それはそれで全く構いません(^o^)

「林業」と答えた子は…

  • 「ワラビは山林に生えてるから(^o^)」「林業(^o^)」←(ワタシも同感)
  • 「ワラビは勝手に生えてるから(^o^)」「農作物みたいに育ててないから林業(^o^)」←(なるほど♪)
  • 「授業でセンセイが『ジビエは林業』って言ってたから、ジビエでも林業ならワラビもそうかなと思って(^o^)」←(スルドイですね)笑

「農業」と答えた子たちは…

  • 「ワラビは食べられるから農業(^o^)」←(新しい学説w)
  • 「木材と違ってワラビは育つのに何十年もかからないから林業じゃないかも(^_^;)?」←(言われてみればそうかも?)
  • 「ワラビは山菜だから木材じゃないし(^_^;)」←(だよね~)

ワークブックに書いた答はいつでも書き直してもらって構いません。新しい学説(?)を思いついたら、ぜひ提出時にフセン貼るとかページを折るとかして声かけてください。みなさんのワークブック(特に「考えてみましょう(^o^)」のページ)を見せてもらうのが一番の楽しみです。

よく考えたら(-_-)?

  • 林業は「木材」だけではないはず。工業簿記的な言い方をすれば「木材=製品」で「ワラビ=副産物」かもしれません。「シカ」も副産物でしょうか?「ミネラルウォーター」もそうでしょうか?そもそも森林で採掘する水も「林業」でしょうか??
  • 「早く大人になるかどうか?」は、業種を決めることに関係がないかもしれません。ただ、「長い間育てないといけないもの」と「すぐに育つもの」は、簿記の世界では区別して計算しないとアカンのは間違いないです。農業簿記のときも「ニワトリは短命なので消耗品扱い」というハナシをしました。

ワークブックはお友達同士で教え合ったり、難しい問題は身近な大人の人に聞いてみるとか、いろいろ楽しくベンキョーしてください。来週も楽しみにしています\(^o^)/

2017年10月11日 (水)

【10/6現在】ワークブック提出状況(^o^)

ガッコの後期授業始まって、もう4回も終わりました(^o^) ←(あと11回?)

前期と同様、毎回ワークブックを点検してハンコを押しています。今のところ、提出状況はこんなカンジです。

【1限目クラス】(履修登録24人)

  • 9/15・・・・0人
  • 9/22・・・・0人
  • 9/29・・・・2人
  • 10/6・・・・4人(提出率16.7%)

総経さん(と、経済学科の子も数名います)、のんびりしてますね~(^_^;) 

【2限目クラス】(履修登録121人)

  • 9/15・・・・0人
  • 9/22・・・56人
  • 9/29・・・82人
  • 10/6・・・90人(提出率74.4%)

国経さんのクラスは人数多いので大変です(^_^;) 列が長くてお待たせするので、次回からは授業の前にチェックしよかな?とか、いろいろ思案中ですm(_ _)m 

『電卓実務トレーニング』は、ひとまず11/10(金)仕上げを目指してください。10回練習するために、別に消しゴムで全部消さなくてもええですよ。答が書いてあるほうのページで、答が合ったらチェックマークをして次に進む・・・みたいなカンジでタイム計ってもらっても構いません(^o^) コツコツがんばってくださいm(_ _)m

2017年10月 7日 (土)

仲良し講師控室シリーズ(*^_^*)

仲良しの外国人のセンセイは、いつもワタシが身につけているアクセサリーや服を褒めてくれます(*^_^*) ←(喜んでるだけじゃなくて、見習わないといけません…)

  • 「コノ ネックレス、カワイイデスネ(^o^)」「ドコデ カッタノ(^o^)?」
  • 「えへへ(*^_^*)」「ママにもらったの(*^_^*)」
  • 「ママニ モラッタノ(^o^)?」「ママハ ドコニ スンデイマスカ(^o^)?」
  • 「ママは…(*^_^*)」「FUKUI 県に住んでいます(*^_^*)」
  • 「Waaaaao( ゚o゚)」「メッチャ イナカ( ゚o゚)」←(妙にニホンゴ上手い)www
  • 「田舎ですよ(*^_^*)」「いいところです(*^_^*)」
  • 「フクイノ ドコデスカ(^o^)?」「フクイノフクイデスカ(^o^)?」←(?)笑
  • 「AWARA(^o^)」「あわら市です(^o^)」「A-WA-RA(^o^)」
  • 「A-WA-RA(^o^)」「シラナイデス(^o^)」「ユウメイ デスカ(^o^)?」
  • 「有名ですよ(^o^)」←(キッパリ)笑 「ホットスプリングで有名な(^o^)」
  • 「ホント(^o^)?」「シラベマス(^o^)」「A-WA-RA(^o^)」
  • 「うんうん(^o^)」「調べてみてください(^o^)」「ひらがなで『あわら』です(^o^)」

この後ワタシは授業に行ってしまったけど、よく考えたら(-_-)?外国人の先生が「ひらがな」で検索するわけないかっ(^_^;) きっと英語で調べてもイケてるAWARA(?)の情報がたくさん見つかることを祈りますm(_ _)m

2017年8月 2日 (水)

【2017会計学】定期試験採点結果(^o^)

お待たせしました!会計学の採点結果です(^o^)

【3限目クラス】

  • 平均点・・・・58.4点
  • 実受験者数・・・66人
  • (うち90点以上は2人、39点以下は8人でした)

【4限目クラス】

  • 平均点・・・66.4点
  • 実受験者数・・・100人
  • (うち90点以上は3人、39点以下は6人でした)

定期試験の点数×0.8に平常点を加味して成績を出します。会計学の子はだいたいワークブックの提出回数とテストの点数が比例してるカンジなので成績つけやすいと思います(*^_^*)

【2017簿記論Ⅲ】定期試験採点結果(^o^)

お待たせしました!ボキ論の採点結果です(^o^)

【1限目クラス】

  • 平均点・・・・64.0点
  • 実受験者数・・・77人
  • (うち90点以上は11人、39点以下は10人でした)

【2限目クラス】

  • 平均点・・・70.1点
  • 実受験者数・・・109人
  • (うち90点以上は30人、39点以下は10人でした)

定期試験の点数×0.8に平常点を加味して成績を出します。ボキ論の平常点で重視しているのは「電卓本を提出したか?」と「ワークブックのハンコの数」です。もちろん電卓テストの点数も平常点に含めます。

会計学の子はもうしばらくお待ちくださいm(_ _)m

2017年7月20日 (木)

祝♪『ケースから考える キャリアデザイン』発刊

裏番頭さんが執筆した『ケースから考える キャリアデザイン』というテキスト兼ワークブックです。シマダ簿記教室が編集・発行させていただきました(*^_^*)

_20170720_210706

この冊子は、裏番頭さんが某大学の授業用として書き下ろしたものだそうです。後期授業用なので、ホントは9月25日発売予定です。今日、何冊か見本が届いたので、シマダ簿記教室のみなさんにはレッスンに来られたときにサンプルをお渡し出来ると思います。ぜひ1冊、お持ち帰りくださいm(_ _)m

この本は「ケースから考える」ってことで、5人の「働く人のケース」が出てきます。そのうちの1人はもちろんワ・タ・シです\(^o^)/第1章の「資格を取るということ」で島田センセイの知られざる事実(?)が赤裸々に(?)に書かれています(ホンマか?)笑

発行部数が少ないので一般発売はしないと思います。とにかく学生さんたちに確実に行き渡るようにしないといけないので、その後に残部があれば?ご希望の方には実費でお譲りします。9月末には残部の有る無しが判明します。あれば1冊500円(税込)です。

今回、イラストを担当されたのはSayuriさんです。Sayuriさんの素性(?)については教室のみなさんだけにお話しします♪

 

より以前の記事一覧